ボルボ中古車のコクスンTOP > 会社概要 > 社長あいさつ

社長あいさつ

当店ホームページをご覧頂き、ありがとうございます。
私は常にお客様が喜んでいただけるには、どうすれば良いかを考えています。
ときには突拍子も無いプレゼントをあげたり、ありえないような時間・場所であってもお客様のお車が事故や故障をした際にすぐに駆けつけてビックリされます。

私はコクスンという会社を自分で立ち上げました。
今のこの会社の理念(考え方)は私の信念その物です。
お客様の為に何ができるか。お客様の笑顔がみたい。お客様をもっともっと喜ばせてあげたい。その思い一心なのです。

私とボルボという車の出会いは運命的でした。
沢山の輸入車を昔から触ってきましたが、ボルボとの最初の出会いは実は散々なイメージだったんです。
修理で入庫したボルボを自ら整備して思ったのが、なんて足回りなどのブッシュ類がボロボロなんだ!と。
確かにベンツやBMWのような高額な修理は少ないですが、基本的な消耗品をしっかりと交換しなくてはいけない車だな、と感じたのです。
しかし、その後沢山のボルボを触っていく中で、ボルボ特有の"魅力"があることに気づいていきました。

まず何といってもその気取らないルックスと、しかしながら併せ持つ高級感と品格。
走り心地も物凄い速いわけでは無いが、非常に快適なドライブが楽しめる。
乗り心地は他のどのメーカーよりも疲れが残らないシート設計。
そして何よりもボルボというメーカーの考え方に感銘を受けました。
「走りの性能を追い求めるよりも、ボルボに乗る全ての搭乗員の安全と快適さを求め、ボルボを運転する人、その家族、友人が楽しい思い出を作るパートナーでありたい」というボルボ創業者アッサル・ガブリエルとグスタフ・ラーソンの考え方。

そんな北欧のお洒落で落ち着いたボルボ。
またユーザーの安全と喜びを追求する姿勢に私は感銘を受けました。
そしてボルボをもっともっと沢山の方に乗っていただきたい。そんな思いでいっぱいになり、とうとうボルボ専門店を作ったのです。

これからの目標は、「日本一愛されるボルボ屋」になること。
沢山のお客様に必要とされ愛されるお店、働く者がそんなお客様との笑顔で溢れ楽しく仕事ができるお店、そして取り巻く業者様、地域社会すべてから愛されるお店です。

その中心に私の心であります「おもてなしの心」を置いて、常にお客様に喜んで頂ける存在を目指していきたいと思います。

 

コックスオートモーティブ株式会社 代表取締役 平野真矢 写真
PageTop
Copyright©2016 COCSUN Co.,Ltd