ボルボ中古車のコクスンTOP > メンテナンス > 修理大辞典 > ヒーターコアとLLC配管接続部のOリング劣化・Oリング交換

10,000件のメンテナンス実績

ヒーターコアとLLC配管接続部のOリング劣化・Oリング交換

ヒーターコアとは室内のラジエーターのような物で冬場に室内を暖かくするために使われています。
ヒーターコアの接続部のOリングが切れてしまい冷却水がもれて室内が冷却水でぐしょぐしょになる可能性があります。

おもな症状としては室内が臭かったり、やたらとフロントガラスが曇るなどさまざまです。
結局温まった冷却水が室内に漏れてくることにより、室内のガラスが曇ってしまいます。

最悪の場合は、オーバーヒートする可能性もありますので、まず診断しヒーターコアのOリングが切れていたらOリングを交換し、ヒーターコアから漏れていたらヒーターコアの交換をお奨めします。

  • 当店では
    • Oリング
    • 620円 x 4個=2,480円、冷却水3,000円
    • 作業工賃
    • 20,000円
    • 合計金額
    • 25,480円(税別)

※表示価格は税別価格となります。
価格はボルボV70・850を基準とした参考価格です。
車種・年式・グレード等により金額が異なります。
詳しい金額等に関しては、お問い合わせください。

PageTop
Copyright©2016 COCSUN Co.,Ltd