ボルボ中古車のコクスンTOP > メンテナンス > 修理大辞典 > スパークプラグ劣化・交換

10,000件のメンテナンス実績

スパークプラグ劣化・交換

エンジンの心臓部ともいえる燃焼室ではたらくスパークプラグは、エンジンのさまざまな状態を反映する部品です。

それと同時に消耗品でもあるので定期的に交換が必要です。

プラグは端子間で放電するパーツなので、放電を繰り返すうちに少しづつ消耗していきます。
消耗とは文字通り削られていくということ。

プラグには通常タイプのほかに抵抗をいれたレジスタータイプ、電極のメンテナンスをほぼ不要にしたプラチナプラグ、着火能力を高めたイリジウムプラグがあります。

トラブルが起きる前に新品に交換しておきたいパーツです。

  • 当店では
    • スパークプラグ/5本(自然吸気エンジンの場合)
    • 4,280円
    • 作業工賃
    • 5,000円
    • 合計金額
    • 9,280円(税別)

※表示価格は税別価格となります。
価格はボルボV70・850を基準とした参考価格です。
車種・年式・グレード等により金額が異なります。
詳しい金額等に関しては、お問い合わせください。

PageTop
Copyright©2016 COCSUN Co.,Ltd