ボルボ中古車のコクスンTOP > メンテナンス > 修理大辞典 > シフトロックマイクロスイッチ故障・交換

10,000件のメンテナンス実績

シフトロックマイクロスイッチ故障・交換

シフトロック、キーインターロック、リバースにいれたときの警告チャイムと、ATには危険を防止するため各種の安全装置が盛り込まれている。でもこれらが誤作動を起すとめんどくさい。

ATのシフトレバーには誤操作を防ぐためにシフトロックが備わっている。
これは車を走らせようとするときにブレーキペダルを踏んでいないとシフトレバーがP(パーキング)の位置から動かないようにする機構でペダルの踏み間違えによる急発進を防止する効果があります。

ところが850では、このシフトロックがうまく解除されないというトラブルが起きることが有ります。
シフトロックが解除されなければ、もちろん車を動かすことができなくなってしまうが、シフトロック解除ボタンを使えば強制的に解除できる。走行そのものに支障はない。

トラブルの原因は、シフトレバーがPの位置にあるということを検知しているマイクロスイッチの不良がある。

  • 当店では
    • シフトロックマイクロスイッチ
    • 9,600円
    • 作業工賃
    • 7,000円
    • 合計金額
    • 16,600円

※表示価格は税別価格となります。
価格はボルボV70・850を基準とした参考価格です。
車種・年式・グレード等により金額が異なります。
詳しい金額等に関しては、お問い合わせください。

PageTop
Copyright©2016 COCSUN Co.,Ltd