ボルボ中古車のコクスンTOP > メンテナンス > 修理大辞典 > インヒビタースイッチ不良・交換

10,000件のメンテナンス実績

インヒビタースイッチ不良・交換

シフトレバーをRにいれると、バックにシフトさせ、バックランプを付ける。そしてATが作動させる。

そんな一連の動きを制御しているのがATシフト位置センサー(インヒビタースイッチ)これが故障するとかなり面倒なことになります。

850や960で起きるトラブルにインヒビタースイッチの故障があります。
インヒビタースイッチはATシフトレバーのリンゲージの先にあって、シフトレバーの位置を検知しトランスミッションを動かすという役割を担っています。
このインヒビタースイッチが故障すると、エンジンがかからない、リバースランプが点灯しない3速固定モードにはいってしまったりと、やっかいな症状が発生します。

故障原因で可能性が高いのが本体の不良です。
850ではバッテリーの下にあり、そのバッテリー液がかかってしまったために故障してしまうことがあります。
960ではマフラーの横にあるため、マフラーの熱により故障することがあります。

インヒビタースイッチは50000キロで駄目になると考えたほうがよいパーツです。

  • 当店では
    • インヒビタースイッチ
    • 22,500円
    • 作業工賃
    • 3,000円
    • 合計金額
    • 25,500円

※表示価格は税別価格となります。
価格はボルボV70・850を基準とした参考価格です。
車種・年式・グレード等により金額が異なります。
詳しい金額等に関しては、お問い合わせください。

PageTop
Copyright©2016 COCSUN Co.,Ltd