ボルボ中古車のコクスンTOP > メンテナンス > 修理大辞典 > IACバルブの汚れ交換

10,000件のメンテナンス実績

IACバルブの汚れ交換

必要なときにアイドリング回転数をアップし、環境の変化に対応して安定したアイドリングを実現するのがIACバルブです。

これに汚れが溜まるときちんと動かなくなり、不安定になるので注意しましょう。

スロットルバルブは完全に閉じず、アイドリングに最低限必要な空気を送るようになっていますがしかしそれだけだと、エンジンが冷えているときも暖まっているときも同じことになりどちらかの場合がまともにアイドリングがしなくなります。

現在のエンジンではそれを制御するためにIACバルブというものがついています。

IACバルブとは、アイドリング回転数を安定させるために一時的に開くバイパス用のエアバルブのことです。
例えば一晩置いて冷えたエンジンを始動させるときや、夏場にエアコンを作動させるときなどアイドリングを上げたほうが安定するとエンジンが判断すると、自動的に作動する仕組みです。
スロットルバルブは動かさず、別系統で空気をエンジンに送り込むことにより回転数をあげます。
これがうまく作動しなくなるとハンチングを起したり、アイドリングが不安定になってしまいます。
このIACバルブもスロットルバルブと同様、汚れが付着しますので定期的な清掃が必要になります。
ただし、電子制御パーツなのでユニットそのものが駄目な際は部品交換となってしまいます。

  • 当店では
    • IACバルブ
    • 39,300円(概算)
    • 作業工賃
    • 3,000円
    • 合計金額
    • 42,300円(税抜き)
    • 清掃の場合の工賃
    • 3,000円

※表示価格は税別価格となります。
価格はボルボV70・850を基準とした参考価格です。
車種・年式・グレード等により金額が異なります。
詳しい金額等に関しては、お問い合わせください。

PageTop
Copyright©2016 COCSUN Co.,Ltd