ボルボ中古車のコクスンTOP > メンテナンス > 修理大辞典 > スパークプラグ・プラグコード劣化・交換

10,000件のメンテナンス実績

スパークプラグ・プラグコード劣化・交換

ディストロビューターで分配された電流をプラグへと流す電線がプラグコードです。

このコードが漏電すると正常な火花を飛ばすために必要な電流を遅れなくなる。

エンジン不調の原因になります。

漏電したからといってすぐに動かなくなるわけではありません。
多少電流が少なくてもエンジンは動くには動くんです。
しかし不十分な点火だと加速が鈍り、息つきやアイドリング不良が起きます。

雨が多い季節にエンジンがかかりづらいといいったトラブルはここから来ている可能性があります。

早急な交換をしましょう!

社外品のプラグコードでも性能は大きく変わりません。

  • 当店では
    • プラグコード
    • 17,060円
    • 作業工賃
    • 4,000円
    • 合計金額
    • 21,060円
    • スパークプラグ交換5本(工賃含む)
    • 9,281円

※表示価格は税別価格となります。
価格はボルボV70・850を基準とした参考価格です。
車種・年式・グレード等により金額が異なります。
詳しい金額等に関しては、お問い合わせください。

PageTop
Copyright©2016 COCSUN Co.,Ltd