ボルボ中古車のコクスンTOP > メンテナンス > 修理大辞典 > スピードセンサー不調・交換

10,000件のメンテナンス実績

スピードセンサー不調・交換

ボルボではこのセンサーの異常によるエンジン不調がよく起きます。

エンジンスピードセンサーは名前のとおりエンジンの回転数を検知しているセンサーなのだがこれが故障してしまうとアイドリングの不調やエンストを起し、さらにはエンジンが始動できなくなったりしてします。
主にFRボルボ240、740、940でおきやすいトラブルです。

異常の原因は、熱による可能性が高い。
エンジンスピードセンサーはエンジンの後ろ、940ではディスビローターの後ろあたりにあります。
場所が場所だけに熱が篭りやすく、それによってハーネスが破れ、正しい信号が伝えられなくなってしまいます。

修理はセンサーの交換だけ。
ボルボではよくあるトラブルですのでFRボルボをお乗りのオーナー様はエンストをしたらまずこのパーツを疑ってみましょう。

  • 当店では
    • エンジンスピードセンサー
    • 8,850円(概算)
    • 作業工賃
    • 5,000円
    • 合計金額
    • 13,850円

※表示価格は税別価格となります。
価格はボルボV70・850を基準とした参考価格です。
車種・年式・グレード等により金額が異なります。
詳しい金額等に関しては、お問い合わせください。

PageTop
Copyright©2016 COCSUN Co.,Ltd