ボルボ中古車のコクスンTOP > メンテナンス > 修理大辞典 > 内装固定部品(クリップ等)の劣化

10,000件のメンテナンス実績

内装固定部品(クリップ等)の劣化

ボルボ850エステートに非常によく起こるトラブルの一つが、トランクのゲート部分内側にあるトリムが外れてしまい、隙間が見えて走行中にもガチャガチャとすごい騒音を鳴らしてしまいます。

10年落ちのボルボ850エステートではまずほとんどの車がそうなります。

このトラブルの原因は、リアゲートの内張りとドア自体を固定するクリップの強度がもともと弱いため、クリップが割れてしまい外れやすくなってしまうんです。

いったん外れてしまうと、純正のクリップをつかってもまた外れてしまうことが多いので社外品の強度の 高いものと交換した方が後々まで使うことができます。

  • 当店では
    • リペアキット
    • 2,450円、クリップ大と小8個2,496円
    • 作業工賃
    • 5,000円
    • 合計金額
    • 9,946円

※表示価格は税別価格となります。
価格はボルボV70・850を基準とした参考価格です。
車種・年式・グレード等により金額が異なります。
詳しい金額等に関しては、お問い合わせください。

PageTop
Copyright©2016 COCSUN Co.,Ltd