ボルボ中古車のコクスンTOP > メンテナンス > 修理大辞典 > サーモスタットの故障・交換

10,000件のメンテナンス実績

サーモスタットの故障・交換

エンジンを冷却するのがLLC(冷却水)の役割ですが、いくら冷やすといっても冷やしすぎてしまうともちろん具合が悪くなります。

そこでLLCが循環している冷却水にはサーモスタットというパーツを組みこんでラジエーターの通路を必要に応じて開け閉めしています。

例えば始動後のエンジンが冷えているときにはLLCが温まるようにエンジン内だけに循環させるようにして、適温まで上がったら、サーモスタットを開いてラジエーターも含めて循環させます。
冷却水系のトラブルでは、このサーモスタットが開かなくなったり、また開くのが遅くなったりしてオーバーヒートがおきます。

  • 当店では
    • サーモスタット
    • 6,809円
    • 作業工賃
    • 4,000円
    • 合計金額
    • 10,809円

※表示価格は税別価格となります。
価格はボルボV70・850を基準とした参考価格です。
車種・年式・グレード等により金額が異なります。
詳しい金額等に関しては、お問い合わせください。

PageTop
Copyright©2016 COCSUN Co.,Ltd