ボルボ中古車のコクスンTOP > メンテナンス > 修理大辞典 > 電動ファンリレー故障・交換

10,000件のメンテナンス実績

電動ファンリレー故障・交換

電動ファンは、LLC(冷却水)が予め設定された温度に達すると、スイッチがはいって自動的に回りだします。
渋滞などで止まっていると突如としてエンジンルームからブーンという音が聞こえ出すことがあります。
これは水温が上昇して電動ファンが回りだしたからです。
しかし、何らかのトラブルが発生してしまい、電動ファンが回らないことがあります。
ボルボの場合は850はもちろんのこと940や960後期モデルにも電動ファンが使われています。

焼きつきによって電動ファンが回らなくなると、水温がどんどんと上昇してやがてオーバーヒートに至ってしまうことがあります。

もしオーバーヒート気味になったら、ラジエーターの汚れと共に電動ファンのチェックも忘れずに行ないたい所です。

もし電動ファンが手で回らないようなら焼きつきが発生しているから交換するしか手は有りません。
もし手で回るようなら、電動ファンを動かすリレーなどのトラブルである可能性が高く、リレーが原因であった場合はこちらを交換すれば解決します。

  • 当店では
    • 電動ファンリレー
    • 7,000円(概算)
    • 作業工賃
    • 4,000円
    • 合計金額
    • 11,000円

※表示価格は税別価格となります。
価格はボルボV70・850を基準とした参考価格です。
車種・年式・グレード等により金額が異なります。
詳しい金額等に関しては、お問い合わせください。

PageTop
Copyright©2016 COCSUN Co.,Ltd