ボルボ中古車のコクスンTOP > メンテナンス > 修理大辞典 > オイルクーラー接続のホース破れ・交換

10,000件のメンテナンス実績

オイルクーラー接続のホース破れ・交換

水漏れが発生するのはラジエーターまわりからだけではありません。

冷却用や暖房用などホースが行っている所では、どこに水漏れが発生してもおかしくないんです。
エンジンの下から水が漏れてくることも有ります。
740や940のターボ車に限っての話だが、冷却式のオイルクーラーへジョイントされているホースからの水漏れがあります。

この冷却式のオイルクーラーというのはエンジンオイルを冷却するためのもの。
オイルエレメントの下にアダプターがあり、そこに冷却用のホースが2本繋がっています。
このホースの中にLLCが循環していてこれによってオイルを冷やすという仕組みです。

水漏れの原因となるのはこのホースの部分です。 ホースのどこかで漏れたオイルが付着したことによってホースが劣化し水漏れが発生します。

  • 当店では
    • オイルホース
    • 6,000円(概算)
    • 作業工賃
    • 7,000円
    • 合計金額
    • 13,000円

    ※表示価格は税別価格となります。
    価格はボルボV70・850を基準とした参考価格です。
    車種・年式・グレード等により金額が異なります。
    詳しい金額等に関しては、お問い合わせください。

PageTop
Copyright©2016 COCSUN Co.,Ltd