ボルボ中古車のコクスンTOP  > スタッフニュース > 2012年6月

スタッフニュース

waku_top

2012.06.28

希少なライトブルーのボルボ240ワゴン!ディーラー点検整備記録簿多数。水色ボルボ!

昨日の新型V60に続きまして新着車両のご紹介をしたいと思います(^^)
今日はなんと昨日の2012年モデルに相反しまして
平成3年の1991年式のボルボ240ワゴンです!
そう、ボルボ専門店だからこそ出来るこの奇跡の組み合わせ(^^)
新旧の良質ボルボを取り揃えていく事を命題に、
現在ラインナップの強化を図っています。

日本一愛のあるボルボ屋を目指す社長のブログ

本日入庫したばかりの車両になり、取り急ぎで写真を撮って来ました。
なんと珍しい、希少なライトブルー。純正色です。
非常に人気がある色味で大変にお洒落です。

日本一愛のあるボルボ屋を目指す社長のブログ

車両の詳細は…
平成3年7月登録 ボルボ 240ワゴン GL
走行距離97,000km 型式E-AB230W
平成3年式は後期型になるのですが、
後期型の特長であります”ビックウィンドウ”
リアトランクの窓ガラスが前期モデルよりも大きくなります。
後期モデルは改良が加えられた型なので、ほとんど見た目は似ている
前期モデルに比べ、故障のリスクがだいぶ少なくなってきます。

日本一愛のあるボルボ屋を目指す社長のブログ

さらに平成3年式はモール部分がメッキモールディングになります。
平成4年、5年のクラシック、GLE等のファイナルモデルは
バンパー上部やヘッドライト上部、左右に伸びるモールディング
などが黒いモールディングになってしまいます。

ちょうど前期と後期の狭間の平成3年式は
この後期の中身で、メッキモールディングを使用された人気のルックスという
至れり尽くせりのモデルなんです。

日本一愛のあるボルボ屋を目指す社長のブログ

こちらの車両は2オーナー車で、
前のオーナー様が平成4年(新車から1年後)に購入されてから
ずっと保有をされてきた車両になります。
ディーラーで整備をされてきており多数の整備記録簿が残っており
メンテナンスを豆に行われてきた希少かつ大変に安心できるモデルです。

日本一愛のあるボルボ屋を目指す社長のブログ

内装を覗くと、なんと新車時のような香りが!
非常に綺麗かつ、清潔感が御座います。
外装の状態も考えますと、おそらくガレージ保管をされてきた車両
だと思われます。

日本一愛のあるボルボ屋を目指す社長のブログ

おまけでゴリラのポータブルナビ&ワンセグ付き!
さらにETC付き!
さらに珍しい、ヘッドライトガード(ボルボ純正品)も付いております。

日本一愛のあるボルボ屋を目指す社長のブログ

今から20年以上前のモデルになりますが
その年式に比べ非常に走行距離が少ないです。
もう240は現存している台数が大変に少ない事に加え
走行距離もほとんどが15万キロ以上になってきています。

探そうと思っても出てくる車両ではありません。
プレミアが付いてる程の人気車両になります。
こちらの車両はタイミングベルトも92000km時に交換済み。
また新車時の保証書も残っております。

内外装の状態、希少なカラー、ディーラーでの点検整備記録簿
などを加味しまして仕入も頑張りました。
価格は安くはありませんが、質の高い、至高の逸品としての価値が
ある240だと思います。


車両本体価格 1,248,000円
別途整備費用、税金類、登録代行費用がかかります。

詳細画像はまだアップされておりませんが詳細な内容、
お問い合わせはこちらよりお願いします。←クリック

実は今日入庫したばかり、昨日に仕入を行い
昨日の夜にネットに準備中とアップしたばかりですが
すでに2件のお問い合わせを頂いております!
当店のホームページをご覧頂いてます方からの問い合わせで
明日、明後日とお二方のお客様が来店予約となっております。
ご興味御座いますお客様は売約が早いと思いますので
お早めにお問い合わせ下さい。

waku_btm

waku_top

2012.06.27

試乗車レベル! ボルボ V60 DRIVe 2012年式 入庫しました。

本日、入庫しました最新モデルV60の情報をお届けします(^^)
なんと今年2012年の3月に納車されたばかりの本当に新車試乗車レベルの
3ヶ月落ちの車両になります。
まだ納車されて間もないお車ですが、オーナー様がお仕事で転勤が急遽決まってしまい通勤使用の都合上、今回手放される事になりました。

オーナー様より直接買取をさせて頂きましたので
素性も分かり安心できる車両になります。
またご納車されたばかりで走行距離は1,900km!
内外装ほぼ傷等御座いません。
新車の香りがしております。

240627V60BK01.jpg

2012年3月登録 ボルボ V60 DRIVe 1,600cc
ブラックサファイアメタリック
走行距離1,900km 車検27年3月28日
セーフティパッケージ 黒本革シート アルミホイール

240627V60BK02.jpg

240627V60BK03.jpg

走行しての感想はなんといってもその走りの良さにあります。
新開発の1.6リッター、直噴ターボ掲載の最先端のダウンサイジングエンジン。
ミッションはDCT(デュアルクラッチトランスミッション)を採用。
セミオートマチックな走りをしています。
これによってステップ(トルコン)ATよりも優れた伝達効率の良さを実現し、
MT的なダイレクト感やレスポンスの良さを実現しつつ、燃費向上にも貢献す
その上で普段使いでの感触はATと全く遜色ない上質な変速をしています。

240627V60BK04.jpg

240627V60BK05.jpg

デザインは北欧スカンジナビア流の爽やかかつインテリジェンスや
暖かみを感じさせる独自のデザインを展開。

240627V60BK06.jpg

240627V60BK36.jpg

こちらの車両は新車時オプション品も充実しています。

■BLIS (ブラインドスポット・インフォメーション・システム)
BLISはドアミラーに取り付けられた後ろ向けのカメラをブラインドスポット・インフォメーション・システム(BLIS)は、特に高速走行時のセーフティドライビングをサポートします。ドアミラーに取り付けられたデジタルカメラを使用して、車両の両側を通過する車両を監視します。側方を通過する車両が死角に入ると、その車両が接近してくる側のフロントドアポストに内蔵された控えめなランプが点灯し、警告してくれます。ドアミラーと併用することで、車線変更が可能かどうかを瞬時に判断することが可能です。このシステムは車速が 10km/hを超えると作動し、ほぼあらゆる種類の車両に反応します。

■ヒューマン・セーフティ(歩行者検知機能付追突回避・軽減フルオートブレーキ・システム)
フロントグリルに埋め込まれたデュアルモード・レーダーとルームミラー前方に搭載されたカメラ、中央コントロールユニットが道路状況を常にモニタリング。長距離レーダー約150m、中距離レーダーは約50m前方をそれぞれ監視します。長距離レーダーは、前方車両との車間距離を継続的に計測。前方車両が突然ブレーキをかけ(もしくは前方に停止車両が存在し)、追突の可能性があると判断するとフロントガラスに赤いフラッシュライトを点滅させ、警告音を発します。また、中距離レーダーとカメラは前方に「人」を発見し、なおかつ危険なシチュエーションと察知した場合に、まず警告灯と警告音でドライバーに危険を知らせます。さらにドライバーの対応が遅れた場合、瞬時にフルオートブレーキが作動し、衝突を回避または、衝突のダメージを軽減します。

■シティ・セーフティ(低速用追突回避・軽減オートブレーキ・システム)
標準装備として世界初となるシティ・セーフティは、主に渋滞時や交差点で発生する低速時の追突を未然に回避、もしくは追突ダメージを軽減させる新機能です。時速4-30kmまでで作動し、6m以内にいる前方車両の状態を監視。差し迫った追突の危険性を感知すると、ドライバーのブレーキ操作にすばやく対応できるよう、ブレーキ準備態勢に入ります。さらに、ドライバーがブレーキを踏まない場合には、自動的にブレーキをかけるとともにアクセルを切ります。両車間の相対走行速度差が15km未満の場合、追突を未然に回避し、両車間の相対走行速度差が15-30kmでは、追突のダメージを軽減します。

■全車速追従機能付ACC(アダプティブ・クルーズコントロール)
あらゆる走行速度で前方走行車両との安全な距離を保つ、第3世代に進化したACC(アダプティブ・クルーズコントロール)。時速30kmまでの市街地の低速走行では、前方に走行する車両の速度に自動的に追従。停止後に発進する場合、ボタンを押すかアクセルを踏めば、交通の流れにスムースに合わせることができます。時速30km以上では、希望の走行速度と前方車両との最低時間差を選択するだけで、必要に応じて速度を調節。レーダーが前方に低速走行車を感知すると、その車の速度に自動的に合わせます。また、進行に支障がない場合は、設定走行速度に復帰します。

■車間警告機能
前方走行車両との適切な車間距離を保つようドライバーをサポートします。前方車両との設定された距離を保つよう、絶えずレーダーで監視。接近しすぎると赤い警告灯がフロントガラスの低い位置に点灯します。ACC搭載車に付加され、時速30km以上の速度で作動。車間警告機能はACCが作動していなくても使用可能です。

■ドライバー・アラート・コントロール
路上での車の動きを監視し、注意力散漫となったドライバーには注意喚起を促すシステムです。カメラが車両と路面の車線との距離を計測し、センサーが車両の動きを監視。通常のドライビング・スタイルから外れた操作、たとえば、車両がふらつくような蛇行運転傾向を察知すると警告音を発し、メーターパネルに休憩を促すメッセージを表示。

■レーン・デパーチャー・ウォーニング
カメラで路上の車の位置を監視し、ウィンカーを出して車線を越える等の意図的な理由なしに車線を越えると、警告音を発します。主に高速道路で使用するように考えられた機能で、時速65kmを超えると作動します。

240627V60BK18.jpg

240627V60BK20.jpg

室内はセンタースタックがハイエンドなオーディオやガジェットを彷彿とさせています。このV60は新たなボルボのイメージ=モダンな感覚を表現するようになったといえます。UVのXC60から新世代デザインを展開していますが、このV60でも当然それを受け継ぎ結果としてV60はワゴンモデルながらも、セダンのS60とともに、非常にスポーティでスタイリッシュな、クーペをも彷彿とさせるようなシャープなフォルムを纏うに至っています。

240627V60BK24.jpg

240627V60BK28.jpg

内装の質感は非常に高いレベルにあると思います。
本革シートは滑りにくく高級感があります。
ステアリングに至るまで高い品質が保たれておりプレミアム性があります。

240627V60BK31.jpg

ラゲッジスペースはV70に比べて若干小さめ。
しかしながらゴルフバックは大サイズで2個、中サイズで4個入ります。
スポーツワゴンと題したV60ですが、充分機能性も高いモデルだと思います。


新車価格 車両本体 3,950,000円
オプション品価格
ナビゲーションパッケージ 25万円
レザーパッケージ 25万円
セーフティパッケージ 25万円
バックカメラ装着 10万円

こちらのV60を新車で買おうとしますと車両本体価格で480万円となり
諸経費も含めますと概算520万円程となります。


当店では新古車特別価格としまして
車両本体価格 3,648,000円
諸経費込みで乗り出し価格 3,949,520円となります。
(車庫証明代行費、遠方納車費用を除く)
(取得税134,400円等の税金類を含んだ価格です)

2012年販売のV60は全国でもまだほとんど出まわっておりません。
新車同様の試乗車レベルのV60をお探しの方にお薦めです。
売約はすぐに決まってしまうと思います。
中古車になるとボルボV60の新古車レベルはほぼ出て来ませんので
是非ご興味頂きましたお客様はすぐにお問い合わせ下さい。

もちろんご試乗はいつでも可能ですので
是非お気軽にご来店頂ければと思います(^^)

テストドライブをさせて頂いた感想は
その走りの良さにありました。
1.6リッターエンジンですがターボを掲載しており
加速が非常に良いです。加速時の音もいい音をしています。
さらに驚かされたのがセーフティパッケージ。
走行中に道路の白線を少し超えてしまっただけでも警告アラームがなります。
また前方の車に10mほど近づいても警告をしてくれます。
これがあれば不注意により事故をしてしまう確率がだいぶ減りそうです。

ものすごい車を作ったなぁボルボ!
というのが私の実直な感想です(^^)

こちらの車両の詳細はこちらより←クリック

waku_btm

waku_top

2012.06.25

走るレンガと呼ばれたボルボ

 

古いボルボといったら少し失礼なのですが
旧車としての味が出てきました時代のボルボといったら
やはり240ワゴンです。
走るレンガと呼ばれたボルボを安全頑丈というイメージにした功労車です。
 
240はFR(フロントエンジン後輪駆動車)のボルボとして誕生し
10年以上ものロング期間販売され93年で最終モデルとなります。
その角ばったフォルムが今でもなお人気がある車種です。
ワゴン車をメインとして設計され、日本でも大変人気があります。
長いフロントフード。角張っているんですがどことなく愛嬌のある全体的フォルム。
内装も昔懐かしき北欧デザインで、ずっと使い込んでも味が出ます。
スピードは全然出る車では無いのですが、そのどっしりとした走りに安心感を覚えます。
もちろん走るレンガと呼ばれたそのボディーの頑丈性は世界一。
ドアの閉まる音は鉄の塊です。
モデルイヤーによってはエアバックが装備されておりませんが、それでも
当時としては非常に安全に気を使った車。それこそがボルボをボルボせしめた大事なポリシーです。
 
当店には今ワゴンの240が一台ございます。
モデルは最終モデルのクラシックワゴンになります。
 
240214245MG04.jpg
 
愛知県にお住まいのオーナー様より直接買取をさせて頂きました。
2オーナー車両の身元が分かる安心できる数少ない240になります。
外装は珍しいミドルグレーメタリックという色で、濃い灰色になります。パール素材ですので傷が目立ちにくく、年式を感じさせない綺麗な外装状態を維持しております。
 
240214245MG05.jpg
 
アルミホイールはクラシック専用のコロナホイールです。
 
240214245MG07.jpg
 
内装はブラック本革シートです。若干の擦れ程度は御座いますが状態はとても良いと思います。
最終モデル専用のインテリア用の時計装着。
さらにDVDナビゲーションを装着されています。
 
240214245MG15.jpg
 
ご契約後にさらに当店で徹底した整備を行う予定です。
 
平成5年式 ボルボ240ワゴン クラシック
走行距離は13万キロ 車検2付き
車両本体価格は598,000円
 
waku_btm

waku_top

2012.06.23

ボルボ 往年の名車 限定生産車850R スペシャルレッド

ボルボの数ある歴代車種の中でも名車と呼ばれるのが
850Rです。
1996年にワゴン700台、セダン200台の限定生産で
販売され、すぐに完売してしまった希少車です。

最高出力250馬力、ターボチャージャーを掲載し
走りのボルボをイメージ付けた数少ないスポーティボルボです。
850をベースにチューニングアップされたR。
専用のフロントスポイラー、17インチのアルミホイール
リアのルーフスポイラー、スポーツセッティングされた足回り。
内装は本革シートとアルカンターラ生地のコンビシートになっており
特別仕様の車というのが一目で分かります。
細かくはステアリングもブラックとグレーのコンビ本革シート
シフトノブまで本革巻きにされており高級感があります。
内装色はブラックとベージュが設定され、
外装色は5色。外装と内装をそれぞれ選びオリジナルな850Rが
国内に900台生産されました。

外装色の5色は、販売台数の多い順では
スペシャルレッド、ブラック、ダークグレーパール
ダークオリーブパール、ターコイズブルー。

サンルーフ、パワーシート、シートヒーター、
プレミアムサウンドと呼ばれる高出力の高級純正オーディオ
6枚のCDチェンジャー、クルーズコントロール、ルーフレール
などが標準装備され、
新車価格はワゴンが600万円、セダンが580万円でした。

そんな名車ボルボ850Rも販売された96年から
すでに16年が経過し、中古車の球数も大変に少なくなってしまいました。
ボルボは内外装本当に作りが丁寧で、10年以上経過しても
ちゃんと丁寧にメンテナンス、維持をされた車になりますと
今でも本当に綺麗な状態を維持しています。
ダッシュボードのパネル素材や本革、ウッドパネルも
本当の”本物”を使用していますので長持ちするんですね。
北欧の家具もそうですが、長く使える良い物を思考するのが
北欧の人々なんですね。ボルボにはそんな北欧スウェーデンの血が
色濃く根付いています。


そんな名車850Rがまた当店に1台入庫して参りました。
なんと新車で海外から当時並行輸入された希少な左ハンドル車。

240623855R02.jpg

平成8年9月登録のボルボ 850Rエステート
新車並行車 左ハンドル 走行距離75,000km
スペシャルレッド 内装はブラック本革&アルカンターラシートです。

240623855R03.jpg

外装は驚くほど綺麗です。
それは実はこちらの車両は当店が前の前のオーナー様から直接買取をし
その後に当店より販売を行った後に、
また昨日、当店に買取で戻ってきた車両になります。

240623855R04.jpg

当店でメンテナンスをしておりましたので
整備はしっかりと行なっております。
バッテリー、タイミングベルトなども新品交換済み。
タイヤはブリジストンのポテンザが新品で装着されています。
フロントが新品、リアは装着後半年経過。

240623855R05.jpg

外装はGOOの認定中古車で評価点5点満点を獲得!
非常に綺麗な状態を維持しております。

240623855R20.jpg

内装もシックなブラック。
ETC、HIDライト、キーレスエントリーも社外品で装着しております。


車両本体価格は899,000円
総額で100万円ちょっとで決して安くはありませんが
往年の名車、もう2度と手に入らない限定生産車というプレミア感を
考えますと本当にお薦めの1台になります。

詳細はこちらからご覧下さい。

すぐに売約が決まってしまうと思いますので
ご興味頂けましたら是非お問い合わせをお急ぎください(^^)!

waku_btm

waku_top

2012.06.20

新着車両入庫ボルボXC90黒とシルバー

ボルボXC90が2台、新着車両として入庫してきました!

ボルボの本格的SUVとして人気の高いXC90は

2003年の販売以来、大変に販売好調な車種になります。

先月と先週に当店にも良質なXC90の中古車が2台入庫して参りました。

 

1台目はブラック。グレードはベースモデルです。

ワンオーナー車で直接オーナー様より買取をさせていただきました車両です。

オーナー様はずっとボルボを新車で乗り継いでこられた方で大変にボルボに対して

愛着がある方でした。こちらの車両も内外装非常に綺麗な車両です。

240620XC90BK04.jpg

ヘッドライトのインナーが黒いのがベースモデルの特長です。

外装のブラックとマッチしていますね。

240620XC90BK05.jpg

内装は本革シートではありませんが、北欧デザインのお洒落なファブリックシート。

乗り心地は、ノンターボなので走る車ではありませんが、重たくて乗れない程ではありません。

充分快適な走りを堪能できます。

240620XC90BK16.jpg

前期型のラストモデルイヤー 2005年モデル

走行距離が61,200km もちろん無事故実走行です。

価格は車両本体価格1,399,000円となっています。

詳しい詳細はこちらから→クリック

 

続いてのXC90も直接オーナー様より買取をしました車両です。

こちらは2オーナーの車両ですが、非常にこちらも内外装綺麗な車両で

しっかりとメンテナンスをされてきたお薦め車両です。

グレードは最高級グレードのT6です。

240526XC90SV04.jpg

純正の18インチアルミホイールが格好いいですね。

XC90用のアルミホイールは何種類か在庫ございますので

今後のシーズンに備え、御用の方は是非お問い合わせ下さい。

240526XC90SV05.jpg

以外に珍しいシルバーメタリック。

品よくお洒落ですね。

内装は最高級グレードなだけあり、豪華です。

黒本革シートにウッドハンドル。

また走りもターボ掲載ですので非常に快走ですよ!

240526XC90SV17.jpg

走行距離は少々多めの117,500km.

ですが、ボルボは20万キロは優に走りますのでまだまだ大丈夫です!

2003年モデル。万が一の故障も当店の無料1年間保証で安心。

また更なる安心を、有償保証プランもお値打ちにご用意しております。

車両本体価格1,099,000円!

詳細は画像、情報はこちらから →クリック

waku_btm

PageTop
Copyright©2016 COCSUN Co.,Ltd