ボルボ中古車のコクスンTOP  > スタッフニュース > 2012年7月

スタッフニュース

waku_top

2012.07.29

ボルボの車検はボルボ専門店のコクスン北名古屋ボルボ専門店!お値打ち車検、安心車検!

車検のお客様へのご案内で当店では
ハガキとチラシのご案内をしています。
そのハガキとチラシの車検案内のデザイン、内容を
今回一新させて頂きました(^^)
いつも当店を支えて下さっている業者さんと
打ち合わせに打ち合わせを重ねる事、約一ヶ月。
ついに本日完成して現物が届いてきました。

日本一愛のあるボルボ屋を目指す社長のブログ

日本一愛のあるボルボ屋を目指す社長のブログ

実はホームページの大幅なリニューアルも同時進行で
打ち合わせをしており、
先日その為にプロのカメラマンさんを読んで
半日ほどをかけて写真撮影を行いました。
その際に撮りました最新のスタッフ写真を随所に使用しています。
僕も恥ずかしながらメインで載っています(^^;)

今回のデザイン、内容変更では
よりお客様に当店の車検を受けていただくメリットを
記載させていただきました。

何よりも大きく当店のメリットをお伝えすると3つ!

1つ目は
「営業マン」とのきめ細かな打ち合わせにあると思います。
もちろん各営業マン4人おりますが、それぞれの力量で
内容の濃さが変わってきますが、基本的な信条=コクスンマインドを
もったスタッフですので様々なお客様のお悩みをしっかりと
聞き取りながら、こちらの利益を優先するのではなく
お客様にとっての最善な車検プランをご提案しています。

2つ目は
「お値打ち」です。
ディーラー様に比べて工賃は若干の安さですが、
とくにパーツに関してはお値打ちに販売しています。
それはアメリカから直接パーツを輸入している為
お値打ちに純正品から、OEM商品まで販売する事ができます。
また、中古品も部品取り車体として丸々何十台とストックして
いますので、もし使用できるパーツに関してはそういったパーツの
利用をする事もできます。

当店では何でもかんでも新品で、どこもかしこも
治してもらわないといけない! というスタンスでは無く
最良最善なプランの提示を心がけていますので
安心してご相談ください(^^)

3つ目は
「メカニックの確かな整備力」です。
当店にはボルボディーラー様で20年以上整備士をしてきた
メカニックを中心に、ボルボを毎日何台も、
月にして200台以上も触り続けている整備士が4人おります。
お客様の大事なボルボをしっかりと責任をもって整備して参ります。
安心してお客様のボルボをお預け下さい。


当店はボルボの病院です。
当店のお客様は現在4000人ほどおりますが
その8割ほどのお客様は当店でボルボを買われたのでは無く
ディーラー様や他の中古車屋さんで買われ
当店に修理でご相談に来ていただく方がほとんどです(^^)

当店のお客様には自動的に上記のハガキとチラシが
車検の1ヶ月前、2ヶ月前に配信されますが、
当店のご利用が無い方や、
当店のボルボ専門パーツ通販ネットショップ
VOLNET http://shop.cocsun.jp
だけのご利用などで当店にお客様のボルボ情報を登録されていない
お客様は是非お気軽に車検もご相談ください!


車検のお問い合わせ、ご相談は下記よりお気軽にご連絡ください(^^)

お問い合わせフォーム
http://cocsun.jp/inquire/inspection.php

Eメール
info@cocsun.jp

お電話(火曜日定休、土日営業しております。10時~19時)
0568-26-7071

waku_btm

waku_top

2012.07.28

ビッグサイズなバームクーヘン!

あっついですね~(><) 

先まで整備工場にいたらヒ~ヒ~になりました。 

そして店舗に戻ってきたらビッグサイズのバームクーヘンがお店に到着!お~。
暑中見舞いで、滋賀県の仲の良いボルボ専門店サンクス&トラストさんから届きました(^^)

2407281122.jpg

waku_btm

waku_top

2012.07.26

自分の愛車として、そしてコクスンのデモカーとして。最高なボルボ240ワゴン 84年式 角目4灯

実は今月に1台とんでも無く素晴らしいボルボを仕入れてしまいました。
実はあまりにも希少性が高いクルマになります。

それは、こちら
1984年7月登録のボルボ240ワゴンになります。
83年後半から数年間だけ製造されていた大変希少なヘッドライト角目4灯モデルになります。

日本一愛のあるボルボ屋を目指す社長のブログ

残念ながらメーターは交換されており実際の走行距離は不明になっています。まぁ28歳のボルボちゃんですので、そういった部分はしょうがないと思います。

実はこちらの車両、
あまりにも希少かつ、コクスン代表であります僕自身が
惚れ込んでしまったので、せっかくなので自分の愛車にしようと計画しています。
こんなモデルはもう二度とでてこないかもという代物ですから
ただお店にこのままの”ボロボロ”の状態で放置するのでは無く
徹底的に僕自身の愛情をかけて(笑)
半レストアの勢いで修理やパーツ交換、清掃をしていきたいと思います。
車検が現在ありませんでしたので、車検もしっかりと取得し
コクスンの代表が毎日丁寧綺麗に乗っている車として
本当に愛するボルボちゃんとして乗っていればお店の看板にもなりますし
コクスンのデモカーとしての役割にもなると思っています。

基本的には売る気はありません(汗)
でも売価設定をする時は結構な値付けになる予定です。
なぜなら、正直こちらの車両自体は掘り出し物として仕入ができましたので
結構車体自体の仕入値はそうしませんでしたが、ここから多くの箇所の整備と内外装の仕上げをしていきますので相当なお金がかかってきます。

まだ今の状態は内外装ボロボロの部分も多いですし
各所不具合もあります。

現在確認している基幹的な不具合は…
・エアコンがまったく効かない
・ラジオの入りが悪い
・ワイパーの動作が不良

の3点になります。

実はエンジンの調子は絶好調なんです。
エンジンの始動に関してはそこらの高年式の240に負けません。

日本一愛のあるボルボ屋を目指す社長のブログ

外装は正直な所、年式にしては非常に綺麗ですが
やはり経たりは28年選手なので結構あります。
それでも希少なのが外装色ホワイトに内装色ベージュという
大変にお洒落な組み合わせだと言う事。
ここがまた僕自身がこのボルボちゃんに惚れ込んだポイントになります。

外装に関して大きなキズや凹みはありません。
若干錆が付いてしまっている箇所があります。

この外装に関しては結構カスタムを悩んでいる途中です。
まずは外装自体をせっかくなので同色系でオールペイントをしようと
考えています。
この年式の純正のホワイトはあまりツヤが無いですので
これを
ボルボの原稿モデルのカラーであります
『アイスホワイト』非常に真っ白な綺麗な色です。
あるいは2006年、2007年モデルのV70の限定車に設定される
『パールホワイト』少しクリーム色がはいったパール塗装です。
のどちらかにしようと考えています。

日本一愛のあるボルボ屋を目指す社長のブログ

リアビューになります。
もちろん89年モデル以前のスモールウィンドウになります。
90年式以降の240は後期タイプになり
リアトランクの窓ガラスがもっと大きくなります。
こちらのスモールウィンドウタイプの方がレトロな感じがでて
マニアには人気があります。

リアビューでは、左右のテールレンズを新品に交換をします。
部品各種はほとんどのパーツが国内生産中止になっている物が
多いのが実情です。
しかしながら、そこはコクスン北名古屋ボルボ専門店です。
アメリカに直接のパーツ仕入の太いパイプがありますので
現地カリフォルニアのパーツバイヤーに現在沢山の純正パーツを
探してもらっています。もちろん新品でです。

その仕入の際にもパーツ番号という物が必要で
下記のようなパーツ仕入の要望書を私のほうで
VIDAというボルボの専用のコンピューター・システムを使用し
パーツ番号を調べて、調査書をアメリカにEメールで送っています。

$日本一愛のあるボルボ屋を目指す社長のブログ

$日本一愛のあるボルボ屋を目指す社長のブログ

今回僕自身の愛車としての思い入れがありますので
かなり気合を入れて細かなパーツを交換していきたいと思っています。
機関系の整備は来週から行なっていきますので
その他の内外装系のパーツを仕入調査をしています。
どこまで手に入るかはまだ返答待ちですが
せっかくなので綺麗にしていきたいと思っています。

日本一愛のあるボルボ屋を目指す社長のブログ

なんといってもこの愛くるしい角目4灯のヘッドライト。
さらにラジエーターグリルはボルボのエンブレムが
真ん中よりも若干右上にずれこんでいます。
これはこの年代までのボルボのアイデンティティになっており
なんとも言えない渋さをだしており、COOLですね!

僕自身はこの子がこの角目4灯のルックスのおかげで
遠目でみますと”ブタちゃん”のように見えてきます。
大きなグリルがブタの鼻で、ヘッドライトが目になります。
※個人的な主観です(笑)
ブタ格好いいとでも表現したいルックスです。 平野談


日本一愛のあるボルボ屋を目指す社長のブログ

内装もとにかくお洒落、渋いんです。
希少なベージュ内装です。
これが黒だとまた印象がかわります。
シートは合皮のビニールレザーシートになります。
内装も基本的には非常に綺麗です。

臭いも大変清潔感があります。
喫煙の歴は灰皿を見ますとありましたが
室内にはほぼ煙草の臭いは感じません。
僕自身が禁煙者なので、今後も絶対に煙草は中にいれたくありません。
可能であれば灰皿も新品に交換をしたくアメリカにオーダーをしています。
手に入れば良いのですが。

日本一愛のあるボルボ屋を目指す社長のブログ

オーディオは前のオーナー様がうまく社外品をフィッティング。
この部分は純正をそのままというよりも社外品の方が音も良いですので
グッドなカスタムが予めされており嬉しいですね。
また現在アイポッド用のドッグケーブルが接続されているので
アイポッド、アイフォーンの音楽を聞くことができています。

実は音に関しては僕自身結構なコダワリがあり
昔に乗っていた車なんかはナビよりも音響にお金をかけました。
音に関してはひと通り仕上がってきてから、”いじって”いこうと
思っていますが理想をいいますと…

ヘッドユニットは下記のいずれかメーカーにしたいと思っています。
ロックフォード
アルパイン
カロッツェリア
マッキントッシュ
ナカミチ
DENON

ただアイフォーンとの接続を重視したいので
メーカーは限られてしまうかもしれませんが。。
あるいはアルパインの現状のままで
スピーカーをアルパインやカロッツェリアなどに
変更し、出来ればデットニングなどをしたいですね。
もう今時の人はあまりしないと思いますが
10年ほど前は皆 クルマ好きな人は
デットニングなどをしていましたよね。

ナビは特に必要ないので検討外。
そもそも240にナビはオンダッシュでモニターだけ載せる以外に
取付する事は基本できません。
行うのであれば外観を見出さないポータブルのナビを
ちょこっと載せる程度が良いと思います。

日本一愛のあるボルボ屋を目指す社長のブログ

内装は運転席シートに破れが酷く、張替えを予定していますが
助手席、リアシートは本当に綺麗な状態を維持しています。
ほとんど座られていなかったのかもしれません。
運転席はどうしても28年経てば、合皮シートですと
破れは出てしまいますね。
それでも張替えを行って綺麗にする予定です。

日本一愛のあるボルボ屋を目指す社長のブログ

フロントガラスに大きめな飛び石キズがあります。
このままでは車検に通りませんので、早速ガラスの新品交換の手配を
行いました。ガラスは外回りのパッキン以外は新品がありました。
以外ですね。素晴らしい。

日本一愛のあるボルボ屋を目指す社長のブログ

ダッシュボードはひび割れが何本もあります。
これは240特有の弱点です。
どうも素材の耐久性が弱い事と、ボディー剛性とダッシュボードの
相性が悪いことから歪をこのダッシュボードが吸収しきれない事から
こうやってヒビ割れができてしまうようです。
また長年の日焼けによりダッシュボードの色味が落ちてしまっています。
色味の剥げに関しては内装樹脂パーツのリペア業者にて
リペアペイントをしようと思っています。
またさらにその上から、新品のダッシュボードの
240用ファブリックカバー(左ハンドル用)を
アメリカから直接仕入をしています。
これで非常に綺麗に見える事ができますし、中身自体も
ヒビ割れはありますがリペアペイントを行なっていますので
綺麗な状態になります。



このような形で各所を徹底的に綺麗に仕上げていきたいと
思っています。
もちろん最終的には私自身で徹底した清掃を行う予定です。
完成はまだまだ1ヶ月以上かかりそうです。
実は大変に楽しみにしていて、この240の仕上げをどうしていくかを
考えているとワクワクして夜も本当に眠れなくなります(笑)
それほど、私自身クルマが大好きなんだと改めて実感できたとともに
それほどワクワクさせてくれるクルマはやっぱり自分にとっては
輸入車しかなく、そしてこんな貴重な渋格好いい
古い240ボルボだからこそなんだと思っています。


このブログでこの240(私の愛車であり、コクスンのデモカー)の
制作過程をこれから随時紹介していきたいと思います。
どうぞ楽しみにしていてください。

waku_btm

waku_top

2012.07.22

誕生日ラッシュです!

7月はコクスンスタッフのうち4人の誕生日がある誕生日ラッシュ月間でした(^^)

まず7月16日は営業の岩月さんの35回目の誕生日!

朝礼後にサプライズパーティーを行いました♪

240717誕生日.jpg

今日のためにバースデーカードを皆で書いたり、
ケーキを買いにいく人がいたり、プレゼントはBILLABONGの黒ハット!
とっても喜んでもらえました。 よい1年にしてください!

 

翌日の7月17日は営業の土屋君の誕生日サプライズ!!

プレゼントはfILOFAXのレザー手帳♪
ハッピバースデー(^^)

240717birthday.jpg

 

7月20日は朝から整備工場にてサプライズ!
当社の一番の古株社員さんの辻さんが
なんと、50歳の誕生日を迎えられたので
お祝いをしてきました。

辻さんは長く当社で働いてくれており
皆の精神的な支柱のような存在です。
経営者であります自分も辻さんに色々と
助けてもらっており、本当に感謝しています。
整備士として力量もあり、皆とのコミュニケーションを
取ってくれて場の雰囲気が辻さんがいるだけで明るくなります。
人生の折り返しの50歳という記念スべき誕生日を迎えて
これからも元気に頑張ってもらいたいです。

 

o0480064012091344520.jpg

そして7月22日は私平野の誕生日でした!!

なんと本当に沢山の方にお祝いをしていただき
人生ここまで祝っていただいたのは最大になります。
本当に嬉しくて仕方がありません。
なんと総勢100名以上の方よりお祝いしていただきました(^^)
フェイスブックからも沢山のお祝いメッセージをいただきました。
http://www.facebook.com/masahirano

フェイスブックのコメント欄にてお祝いのメッセージを頂いた方
72名!
フェイスブックのメッセージにて直接ご連絡頂いた方
6名
メールを頂いた方
10名
直接会ってお祝いいただいた方
17人

総勢115名!

スゴすぎです(^^)
こんな大した事はない自分に対し
心温かいお言葉やプレゼントを頂ける事に感謝ですし
そんな温かい心を持った沢山の方々の思いに
本当にただただ胸が熱くなります。

新しい歳を迎えて、とにかく思う事は
こんな素晴らしい皆さんに、
こんな素晴らしい御恩を頂き、また常日頃から助けて頂いており
そのご恩をお返しする大人になりたいと思いました。
また皆さんの笑顔の為に自分のやれる限りの事ができる大人に
なりたいと思います。

本当に誕生日というものは尊いものですね。
私の親、姉妹からもお祝いのメールをもらいましたが
本当にただただ感謝の思い出いっぱいです。


本当に本日のお誕生日に関して
沢山の皆様の温かい御心に感謝しております。
本当にありがとうございます!

240722平野誕生日.jpg

waku_btm

waku_top

2012.07.19

ボルボ新型XC90のスパイ写真!?

ボルボ新型XC90のスパイ写真!?
2014年に発売されるとされる新型のXC90の写真がついにパパラッチされました(^^)!

16JUL12_RRcammo_cover2.jpg

16JUL12_RRcammo_support_01.jpg

waku_btm

waku_top

2012.07.19

角型ボルボの現在でも根強い人気があります940が各色ラインナップしております。

 

現在当店にはボルボの940の在庫が5台あります。
各色ラインナップされており、97年式モデルまでの
940を幅広く各色ラインナップしているお店も
全国そう多くないのではないでしょうか(^^)
 
240719001.JPG 240719002.JPG
 
940ではやはり特にオススメのグレードはクラシック。
最終モデルあたりに特別仕様車としてオプション品を
フルセットにしてお値打ちなパッケージとなり販売されました。
グレーのコンビカラーの本革シート、運転席パワーシート
チルト機構付きのサンルーフ、専用のアルミホイール
サイドストライプといった基本装備が付いております。
 
現在当店にラインナップされているカラーは
97年モデルだけのオプションカラーの
希少なアクアパール(水色)
 
240719945AQUA01.jpg
 
これまた希少なオプションカラーで
人気が非常に高い、ホワイト。
 
240709945WH01.jpg
 
定番のシルバーメタリック。
こちらの車両はバンパーの黒い樹脂の部分を
同色ペイントされています。
 
240408945SV01.jpg
 
一番流通の多いレッド。
 
240613945RED01.jpg
 
こちらはセダンになります。
色は定番のダークグリーンです。
 
240227944DGR01.jpg
 
940の在庫情報はこちらになります。
是非当店までお気軽にご試乗ご見学にお越しください(^^)
 
waku_btm

waku_top

2012.07.08

満席をさらにオーバー中(^^;)

7月の夏晴れした日曜日。コクスン当店では5卓あるテーブルが全て埋まり、

13時現在のコクスンでは6組みのお客様が一度にご来店中(^^) 

満席をさらにオーバー中(^^;) 

今日の来店予定は20組み! 満員御礼、本当に感謝いっぱいです。

DSCN7116.jpg

waku_btm

waku_top

2012.07.08

ボルボ S60に高性能版、ポールスター...508psターボ搭載

ボルボ S60に高性能版、ポールスター…508psターボ搭載
http://autos.yahoo.co.jp/news/detail/newmodel/176309/
ボルボカーズのモータースポーツ活動&カスタマイズ分野の公式パートナーを務める「ポールスター」(Polestar)は16日、コンセプトカーのボルボ『S60ポールスター』を初公開した。

l_176309_1.jpg

l_176309_2.jpg

同車は ボルボカーズのミドルセダン、『S60』をベースに、1996年からボルボカーズのパートナーとして豊富なノウハウを持つポールスターが、チューニングを施したコンセプトカー。そのハイライトは、エンジンにある。
S60ポールスターの心臓部には、3.0リットル直列6気筒ガソリンターボ「T6」ユニットが収まる。ギャレット製の大容量ターボチャージャーの装着をはじめ、吸排気系などにチューニングを受け、最大出力は508ps、最大トルクは58.6kgmを獲得する。ベースエンジンに対して、200ps以上もパワーアップした計算だ。

l_176309_3.jpg

l_176309_4.jpg

トランスミッションは強化仕様の6速MT。駆動方式は4WD。サスペンションやブレーキ、ボディ剛性の強化が行われた。タイヤサイズは265/30R19。
これらのチューニングの結果、S60ポールスターは0‐100km/h加速3.9秒、最高速300km/h以上のパフォーマンスを実現。開発の目標とするBMW『M3』やメルセデスベンツ『C63AMG』に対抗する性能を手に入れた。
l_176309_5.jpg 
l_176309_6.jpg

S60ポールスターは、コンセプトカーではあるが、まず1台を顧客に引き渡す予定。その後、需要動向を見て、少量生産するかどうか決定するとしている。

waku_btm

PageTop
Copyright©2016 COCSUN Co.,Ltd