ボルボ中古車のコクスンTOP  > スタッフニュース > 2013年5月

スタッフニュース

waku_top

2013.05.18

謎の新型車の正体はマイナーチェンジされたXC60でした。

先日よりボルボカーのグローバルサイト http://www.volvocars.com/intl/Pages/default.aspx にて秘密のベールに包まれていた”謎の新型車”
その正体が本日ついに好評されました。

といっても、、
ちょっと期待を裏切られた?感が否めません。

なんといっても新型というより、先日より発表・公表されていたXC60のマイナーチェンジモデルだったからです。
とはいえ、先日より公表されていたXC60と雰囲気がどことなく違います↓

shm-sebastian-ingrosso.jpg

フロントバンパーの下部についているスカッフプレートと
大型の20インチ?の純正アルミホイールが装着されているからでしょうか?

ともあれ、
昨年解散してしまったスウェーデンのハウス・ミュージックグループ
http://www.onelasttour.com/home/
「スウェディッシュハウスマフィア」のプロモーションとともに作られた映像はとても格好良い。

http://youtu.be/tqXja497ZQo

世界に向けてスウェーデン本社のグローバルサイトから発信した今回のプロモーションPV。
結果としてはまったく新しい新型車の登場とはなりませんでしたが、
こういった、”謎の新型車登場!?”というドキドキ感がある広告は大好きです。

waku_btm

waku_top

2013.05.17

ボルボ 謎の新型車はXC40?XC50?XC90? 明日未明にワールドプレミアです!

いよいよ明日未明にワールドプレミアされるボルボの謎の新型車。

なんとその新型車の”うっすらとした画像”が公式ページにてリークされていました!
その本当に一瞬の登場がまた凄い^^;

562033.jpg

 

http://www.youtube.com/watch?v=jrXdxqZmCOQ&feature=share&list=UUaY-4ndPCRKp60qXF7zBJ0w

 


可能性としては来年に発売されるXC90かも とのレスポンス記事ですが?
僕としてはこの画像を見る限りは90ほど大きくないような気がします。

となると現在あるXC(SUV)モデルは
V40XC、XC60、XC70、XC90 とあるので

40と60の中間のXC50じゃないでしょうか?

サイズとしてはフォルクスワーゲンのティグアンや国産車ではRAV4~ハリアーあたり
BMWのX1あたりでしょうか。

僕個人的にティグアンほどのサイズ感が好みなので、もしこのくらいのサイズなら
非常に興味深々です(^^)


にしても、最近のボルボは広報の仕方がうまくなりましたね。
というか、今までが地味すぎた?
それってフォード傘下だったからでしょうか、あるいは僕の気のせいでしょうか?

ボルボのグローバルサイトは、今まで以上にお洒落になっています。
スカンジナビアンデザインの最先端というか、とにかくお洒落でモダンです。

vo.jpg

http://www.volvocars.com/intl/campaigns/geneva2013/pages/default.aspx

 

waku_btm

waku_top

2013.05.16

ボルボ XC90 次期型、2014年デビューへ

 

ボルボ XC90 次期型、2014年デビューへ

ボルボカーズの最上級SUV、『XC90』。同車の次期モデルに関して、そのデビュー時期が判明した。

これは12月3日、ボルボカーズが明らかにしたもの。同社は今後、SPA(スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー)およびVEA(ボルボ・エンジン・アーキテクチャー)に、約110億ドル(約9020億円)を投資すると発表した。

SPAとは、ボルボカーズの次世代のシャーシ構造を意味し、将来のボルボ車の主力を担うシャシーに位置付け。またVEAとは、燃料効率に優れる新設計の4気筒エンジンを指す。

ボルボカーズの発表によると、このSPAとVEAを最初に導入するのが、次期XC90。そのデビュー時期は、2014年後半になるという。

XC90は2003年、ボルボカーズの最上級SUVとしてデビュー。次期モデルの登場は2014年だから、現行型のモデルライフは10年以上という息の長いモデルになる。

503597.jpg

waku_btm

waku_top

2013.05.08

経営理念カードのリニューアル。

当社では創業すぐからコクスンマインドカードと呼ばれる
当社の経営理念を書いたカードを作っています。

ここには当社の会社の存在意義、コクスンの変わらない精神(コクスンマインド)が書かれ、
また各スタッフの行動指針(クレド)が記されています。

このクレドを軸に、様々な個性をもったスタッフ皆の
方向性の統一を測り、また行なうべき行動、やってはいけない行動を定義します。

今回は新年度を節目に、また新たにスタッフも増えた事で
今までのクレドから、文面を少し変えて、より洗練された文章を心がけました。

credo.jpg

 

コクスンマインド 
 
バリュー(価値観)
人の喜ぶ笑顔を見ることが自らの喜びになる。
私達はお客様、仲間、関わる全ての人達の笑顔の為に仕事をしています。
人の為に行なう行動が自らの喜びとなり生きがいとなるからです。
私達はそんな人の喜ぶ笑顔を見ることが
自らの喜びになる人と一緒に仕事をしたいと思っています。
 
ミッション(使命)
幸せな輸入車ライフを提供し、輸入車をもっと身近にする。
私達は輸入車の良さを沢山の人に知ってもらい幸せな輸入車ライフを提案し、
輸入車をもっと身近な存在にする事を使命とします。
 
 
クレド(行動指針)
1. 最善
私は、お客様のために最善を尽くします。
2. 真心
私は、真心を込めてお客様にサービスをお届けします。
3. 信頼
私は、信用を積み重ね、信頼されるプロフェッショナルな仕事を心がけます。
4. 素直
私は、人からの注意指導に対して、素直に受け入れ反省し成長に繋げます。
5. 挑戦
私は困難な状況に置かれても前向きに捉え何かできる方法があると考え挑戦をします。
6. 自責
私は、周りの人や環境のせいにせず、自らに責任があると考え行動します。
7. 協調
私は、主体性を持ちながら仲間と協調しチームで目標達成を目指します。
waku_btm

PageTop
Copyright©2016 COCSUN Co.,Ltd