ボルボ中古車のコクスンTOP  > スタッフニュース > 2014年11月

スタッフニュース

waku_top

2014.11.28

またまたレアな244が入庫です!!

こんにちは。

セールススタッフの宮地です。

前回、非常にコンディションの良い240セダンのご紹介をさせて頂きましたが

またまたレアなお車が入庫しました!

今回ご紹介させて頂くお車は、「ボルボ244GL」

 

CH1521P03.jpg

一見240セダンと似ている?と、勘違いされそうなのですがグリルに注目下さい!エミッションコントロール"Vマーク"!

こちらは当時の「排気ガス規制」適合車の印です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CH1521P12.jpg

こちらの車両が初度登録1982年であり、この年はボルボ240初の大規模なマイナーチェンジがされた年になります。

テールレンズは1980年のモデルと同じですが、フロントのヘッドライトは翌年の1983年のモデルに引き継がれております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CH1521P23.jpg

内装も大変綺麗な状態を保っており、シートのスレやヘタリ等もございません。

オーディオに関しては当時のオーディオがそのまま付いており不具合もございません。

チューニングはダイヤル式ですのでレトロ感たっぷりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

個性あるボルボをお探しの方ぜひご検討くださいませ。

http://auto.jocar.jp/HP/HP/CarDetailReference.aspx?HNCD=001460&HED=0&WKD=1&GM=CH00001521

waku_btm

waku_top

2014.11.16

240セダン、ワンオーナー車が入庫致しました!

こんにちは。

セールススタッフの宮地です。本日ご紹介する新着車両は240セダンです。

 

CH1505P01.jpg

希少なブルーメタリック、かつワンオーナー車になります。

メッキモールディングがライト周り、バンパー周り、ボディー側面、ガラス周り

に装着され、レトロでお洒落な一台です。走行距離は138,000キロではござ

いますが、記録簿が平成6年~25年まで揃っております。

このような240はなかなか出てこないのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

CH1505P20.jpg内装のブルー色モケットシートは肌さわり良く気持ちのよい素材です。

シートのヘタリもなく、快適なドライブが楽しめます。

240をお探しのお客様には素敵な1台ではないでしょうか?

気になる点等ございましたらお気軽にご連絡頂ければと思います。

この他にも240はワゴンが白と赤の2台ございます。

また、近日中に240セダンのゴールドも入庫予定ですので240をお探しのお

客様はHP等、随時チェックしてみてください。

 

 

 

詳細はこちらをクリックして下さい!

http://auto.jocar.jp/HP/HP/CarDetailReference.aspx?HNCD=001460&HED=0&WKD=1&GM=CH00001505

waku_btm

waku_top

2014.11.16

ボルボ修理 V70 2004年式 ガソリン(燃料)漏れ修理 フューエルホース交換

こんにちわ! 整備士のTです。

今回はV70の燃料が漏れている車が入庫しました。

漏れている箇所は給油口から燃料タンクにつながるフューエルホースに亀裂が入っていて、

燃料を満タンにすると漏れてきていました。

今回はこのホースを交換しました。

 

GEDC0197.JPG

この黒くなっているホースがフューエルホースです。

ガソリンで濡れて黒くなっているのがわかります。

GEDC0198.JPG

 

これがホースを外したとこですね。

隙間が狭く手が入りにくいので、とってもやりにくい場所にあります。

GEDC0199.JPG

 

これが新品のホースと外したホースです。

ヒビが入っているのがわかります。

GEDC0200.JPG

 

この部品を交換して完成です!

あとは燃料を満タンにして、漏れの確認をしてお客様にお返しします。

今回の作業時間は2時間ほど、

部品代が約6500円(ガソリン代別途)ほどです。

作業工賃が21600円となります。

waku_btm

waku_top

2014.11.12

これからの季節にピッタリのボルボが新入庫!!

こんにちは。

セールススタッフの佐藤です。

11月に入り少しずつ冬の便りがニュースを賑わせて来ました。

山間部では降雪の情報も出てきています。

そこで!!

ボルボの中でも非常に使い勝手の良い「XC70」の新入庫紹介をさせて頂きます。

 

CH1498P02.jpg

XC70はV70をベースにアウトドアライフ向けに開発された車両です。

V70よりも走破性に優れ、フルタイム4WDによりあらゆるシーンで

活躍してくれます。又、ロードクリアランスもV70より55mm高い

215mmとなっております。ラゲッジスペースも十分な広さを確保し

スノーシーズンだけではなく、1年を通して活躍します。

 

 

 

 

 

 

CH1498P11.jpg

今回入庫したXC70は、落ち着きのあるシャドウゴールドパールに

加えVST製の19インチアルミホイールをインストールしております。

大口径アルミホイールは走行中の安定性を向上することはもちろん

スタイリング上のアクセントにも大事なポイントとなります。

もちろん純正アルミホイールもご用意出来ますので、

「スタッドレスタイヤは純正ホイールで」と言うご要望も承ります。

お気軽にご相談下さい。

 

 

 

内装は落ち着いたベージュレザーとなります。

気になるレザーの状態も良く前オーナー様が大切に乗られていた事がうかがえます。

 

CH1498P21.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CH1498P23.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CH1498P26.jpg

前述のラゲッジスペースは広大なスペースを誇り、自転車などの積込も可能です。又、使用感は少なく大変綺麗なコンディションとなっております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、このXC70の特筆するべき点は何と言っても走行距離!! 38,300Kmと言う低走行車は中々ありません。

 

コクスンにはこのようなボルボが常時揃っておりますので、どうぞお気軽にお越し下さい。

 

http://auto.jocar.jp/HP/HP/CarDetailReference.aspx?HNCD=001460&HED=0&WKD=1&GM=CH00001498

waku_btm

waku_top

2014.11.10

営業スタッフの宮地君の誕生日を御祝いしました。

988406_860360130676154_3427988538570154546_n.jpg

昨日の朝、誕生日を迎えた当店営業の宮地君の誕生日をスタッフ皆でお祝いしました。

今年で29歳!

当社に入社して3年目となり、一歩一歩、不器用ながらも成長している彼をみると嬉しくなります。

会社の将来ビジョンという思いの部分で彼は共鳴してくれる人です。

このコクスンで益々の成長をし、幸せになってほしいと思います(^^)

 

コクスンの内部的な特徴にスタッフ同士の仲が良いということがあります。

離職率も実質的に2年弱 0となっております。

また、来年の初めから新たに若い営業スタッフが増員してくれます。

スタッフ皆が家族のように集う場所、それがコクスンだと思っています(^^) 

waku_btm

waku_top

2014.11.06

新型ボルボ ALL-NEW V60クロスカントリー

05NOV14_V60CC_cover.jpg

ボルボ・カーは2014年今月に開催されるロサンゼルスモーターショーにて

まったく新しいニューモデルとして、V60クロスカントリーを発表する予定のようです。

 

XC70のようにワゴンボディーをリフトアップさせたクロスカントリーモデル。

XC60はSUVボディーとなりますので、V60をV70=XC70のようにリフトアップさせ、オールロードAWDモデルとなります。

05NOV14_V60CC_01.jpg

スポーティで洗練されたエクステリアのV60に、アウトドア感が出るリフトアップ&専用ボディバンパがセッティングされる事により

表情がぐっと変化された新たなV60が画像から見て取れます。

05NOV14_V60CC_03.jpg

このカテゴリーは昔からボルボはXC70というワゴン&アウトドアモデルが存在しますが、

ライバルとして、スバルアウトバック、フォルクスワーゲンのパサートオールトラック等があります。

その中でもスポーティな印象を強く印象づけているV60は優先度が高いのではないでしょうか。

05NOV14_V60CC_02.jpg

北米を意識したニューモデルとの事ですが世界デビューは早くて2015年。

日本には2016年前半に販売といったところでしょうか。

※新型XC90も2016年にに本発売予定です。

waku_btm

waku_top

2014.11.01

月初の全体会議にてお客様の声を共有しています。

IMG_1104.JPG

コクスン代表 平野のブログより

今日から11月がスタートしました。
1日の朝は定例の全体会議を店舗事務所にて9時から1時間行います。

当社の定例会議は1日の全体会議、10日の業績報告会
それぞれ朝の9時から1時間をかけて行います。
当社では基本的には夜中の会議を行いません。
どうしても遅くなってしまい、社員さん負担が増えてしまうからです。

1日の全体会議では先月に頂いたお客様からのアンケート結果と、クレーム事項の処理結果
の共有を全社員で行います。

当社では先月に販売したお客様と車検をご利用頂いたお客様全てにアンケート用紙のご依頼をさせて頂いております。
ご記入いただき当社まで発送いただいたお客様全てに500円分のクオカードをお渡ししています。
10件以上アンケートのフィードバックが届きますとクオカードの使用分もかさみますが
それ以上にお客様からのダイレクトな声は貴重で、それを社員皆が閲覧し、そしてこういった会議の場で事案共有をし、今後の改善に活かす仕組みになる価値は非常に高いと思っています。

私は社長という立場ではありますが、その社長が言ったから動く社員さんでは駄目だと感じます。
一番は全ての目的でありますお客様からのお声をもとに会社の体制が動いていくのがベスト。
さらにそれが仕組み化されていると、店舗自体がお客様からの声を中心に、進歩発展していく事が出来るのではないでしょうか。
まだまだ未熟な仕組み化ではありますが続ける事が大事で何年も毎月続けています。

IMG_1103.JPG

こちらの書類は、お客様から頂いたクレーム事項や喜びの声を担当者レベルから
社員全てで共有し、今後の改善に繋げる為のものになります。
私達は「お客様の声対応簿」と読んでいます。

例えば、当方のミスによりお客様にご迷惑をお掛けしてしまった際に、ただ担当者レベルが解決してしまった場合では、今後会社全体として次の対処が出来なくなってしまいます。
それを、こういったクレーム事案に対してどういった対応をしていくかをまず上司と部下の縦ラインで結び、指示していく。
そしてその結果を全社員が共有する。そして全体会議で読み合わせを行い今後の改善活動に繋げていく。
こちらもお客様の声を始点にした改善活動の仕組み化になります。

何十枚というお客様からのお声を全体会議で改めて読み合わせをしていきます。
お客様の声アンケートも、対応簿も、
対応時点で全社員に回覧板として閲覧を回していきます。
その見た証拠、仕組み化の手法としてシャチハタ印による閲覧チェックをしています。


お客様からの声を今後の改善に活かし、お客様にご迷惑をお掛けする事を無くし
より良いサービスをお届けするために社員さん一人ひとりが考え、行動できるようにしていきたいと思います。
今日も良い会議からスタート出来ました。

waku_btm

PageTop
Copyright©2016 COCSUN Co.,Ltd