ボルボ中古車のコクスンTOP  > スタッフニュース > 2015年2月

スタッフニュース

waku_top

2015.02.20

ボルボ中古車を仕入れする際に気をつけること

バイヤーの平野です。今日は一日仕入れのために名古屋の南にあります業者間オークション会場に来ています。

ボルボ中古車の仕入れをする際に大事なことはちゃんと自分の目と鼻で現車を検査する事です。

10940989_906461872718753_3127311568971155826_n.jpg

業者間オークションの評価書には書かれていない、盲点が見つかる事が非常に多いからです。

10991289_906461852718755_1314471388884647304_n.jpg


こんなアルミの酷いガリ傷が4本全てにあったあるボルボ…
どんな乗られ方をしていたのか。
どんなメンテナンスをされていたのか。
オーナー様の愛着はどうだったのか。

紙の情報では分からない事を、どれだけ感じ取れるかがバイヤーの腕の見せ所です。

それにしてもこのボルボは酷かったなぁ(^_^;) 現車見といて良かったです。
おそらく現物をみずにネットで仕入れるショップさんが買われてしまうのでしょう、、、。 
内外装結構酷く、匂いも変な匂いがありましたが、評価点は4点(5点満点中)…。
4点の定義は広い。

waku_btm

waku_top

2015.02.14

ボルボ V50 エアスト フルカスタムカーを仕入れしました。

当社お薦めカスタマイズメーカーERSTのドレスアップカーを仕入れしました(^o^)

 

CH1585P05.jpg

 

程度極上のV50にフルエアロ

 

CH1585P09.jpg

 

エアスト19インチアルミホイール

 

CH1585P29.jpg

 

車高調で抜群のフィッティング!

 

 

CH1585P10.jpg

 

ルーフ部分は今流行りのカーボンラッピング

 

CH1585P32.jpg

 

エアスト製ブレーキキャリパー

 

CH1585P30.jpg

 

エアストの刻印入りシートカバー!

 

CH1585P36.jpg

 

そしてグリルはブラックアウト。

 

CH1585P27.jpg

 

キセノンヘッドライト&フォグランプもHID化しています。

 

CH1585P25.jpg

 

さらに、室内灯もLED球をインストールし、もうほとんどカスタム完了です(^^)

 

CH1585P39.jpg

 

もちろんオーナー様は品よく大人なカスタマイズをされています。

エアストカスタムカーがお値打ちです!

http://cocsun.jp/category.php?cat=59_27

waku_btm

waku_top

2015.02.01

1月は過去最高の販売台数を記録しました!

コクスン代表の平野です。

今日から2015年も2月を迎えました。
先月1月は当店開業以来の、過去最高おクルマの販売台数を記録しました(^o^)
 

10363945_895882923776648_3689193238904819072_n.jpg

合計23台。
輸入中古車販売で1店舗あたりこの台数の月販は
全国的にも多い部類に入ります。(激安店を除く)
今までの当店の記録台数は21台でしたので、その記録を2台も上回る台数です。

これもひとえに沢山のお客様のお陰です。

そして、経営者という立場から思うのは
やはり、社員さんあっての会社だということ。

こうやって本当に沢山のお客様にご利用頂けるのも
お客様のお悩みに対して親身に対応できる営業さんがいるおかげ。
沢山の車検や修理、そして車販納車整備をこなせるのも整備士さんのおかげ。
書類の作成や様々な裏方仕事を黙々とこなしてくれる事務員さんのおかげです。

販売台数も売上も記録的な伸びとなった1月が終わり、今日から2月が始まりました。
早速本日もおクルマのご契約を2台頂きました。
(ボルボXC70、MINIメイフェア)

ここで浮足立つのではもちろんなく、
僕は今一度、大切なことにちゃんと向き合って仕事をしたいと思います。

それは
基本を大事にすることと、社員さんをちゃんと見ること。

基本は
お店の清掃、自分の寝起き身だしなみ、仕事の仕方などを愚直に豆に行うこと。
車販のおクルマの最終点検(当店では完成検査と呼びます)も店長とともに
自分も一緒にチェックを行い、最終的なクオリティーを妥協しないこと。
それはバイヤーとしての仕入れの段階にも同じく、クオリティーの追求が大事です。

ここを疎かにしたり、気を抜いたりしては絶対いけません。
今一度、気持ちを新たに真摯に取り組んでいきたいと思います。

そして、何よりもこれだけの繁忙期を迎えていますので(車業界は2月、3月がピークを迎えます)
疲れている社員さんをちゃんと見て、ときに労うことを忘れてはいけません。
コミュニケーションを出来る限り取りながら、皆が楽しく、幸せになれる職場づくり、仕事場づくりをしていきたいと思います。

waku_btm

PageTop
Copyright©2016 COCSUN Co.,Ltd