ボルボ中古車のコクスンTOP  > スタッフニュース > ボルボ修理故障ブログ

スタッフニュース

waku_top

2017.06.15

ボルボ850Rスペシャルレッドが2台同時に整備中。

昨日の清須整備工場にて。

往年の名車ボルボ850Rエステートのスペシャルレッドが

たまたま2台並んで整備をされていました。

IMG_0118.jpg

どちらも当社の顧客様の車両。

スペシャルレッド2台が並ぶと、大変存在感があります。

 

一台は車検整備にて入庫。

もう一台は水漏れ修理での入庫でした。

IMG_0121.jpg

IMG_0120.jpg

 

ボルボ850Rは、1996年に国内800台限定で発売された希少車です。

昔、SMAPの木村拓哉さんが乗っていた事で有名なボルボ850。

その中でも一際スポーティな外観を持つRは、今でも大変人気のあるモデルです。

ただ、すでに発売から20年が経過し、現存するRの個体は極わずか。

 

当店ではおそらく100台近くの850Rを過去10年に渡り販売をさせて頂きましたが

今では状態の良いRを見ることはとても少なくなりました。

 

 

今回ご入庫頂いております850Rのお客様お二人とも

当社の既存顧客様になりますが、

どちらの車両ともにボディがとっても綺麗です。

 

Rのスペシャルレッドは、R専用の限定カラーとなり

通常の850に設定されている赤、クラシックレッドよりも

朱色の強い、インパクトのある洗練された色味になっています。

 

このスペシャルレッドに関しては

20年が経過した今も、外装の磨き上げとガラスコーティングや

セラミックコーティング等のボディーコーティングを行うと

新車時に近い輝きを取り戻す事が出来ます。

 

 

私も過去に2台程、こちらと同じ850Rエステートのスペシャルレッドを

愛車として乗ってきましたが、本当に良い車でした。

今後、どれだけ見続ける事が出来るか分かりませんが

コクスンでは、販売も整備でも、850Rのメンテナンス維持を

頑張ってまいります!

 

コクスン 代表 平野真矢

waku_btm

waku_top

2015.12.27

ボルボ240の車検。走行距離30万キロ超えのお車です。

愛知県北名古屋市にお住まいのF様より

ボルボ240の車検をご依頼頂きました。

 

240は20年以上のモデルになりますが、根強い人気があります。

F様は既に走行距離が300,000kmをオーバー!

大事に長く乗られています。

 

今回の車検の内容は下記になります。

 

 

車検

◯ラックエンド交換

ラックエンド

◯フロントパッドロータ交換

フロントパッド

フロントブレーキローター

◯オルタベルト交換

オルタベルト

◯パワステベルト交換

パワステベルト

◯エアコンベルト交換

スタビリンクロッドブッシュ

◯エンジンオイル&エレメント交換

エンジンオイル ワコーズプロステージ 10W-40

下廻り塗装

ドレンコック アルミパッキン

◯スタビリンクロッドブッシュ交換

ブレーキオイル Ate DOT4 

◯検査登録代行費用 

◯テスター料

オイルエレメント

◯ブレーキオイル交換

 

■車両データー

H 04年 12月

ボルボ240

E-AB230W  2,300cc

B230エンジン

 

車検費用総額(税金を含む)

236,967円

 

車検のご相談、詳細はこちらを御覧ください。

waku_btm

waku_top

2015.04.23

240エンジン不調

今回お客様のご依頼により冷間時及び雨の日などに

エンジンが突然止まってしまうと言うご依頼内容で

車をお預かり致しました

画像 046.jpg

ディストリビュータを開けてみると、ロータが摩耗してました。

画像 049.jpg

写真のようにキャップの方も摩耗していました。

画像 050.jpg

なのでディスビキャップ及びローターの交換作業を行い完了します。

 

 

waku_btm

waku_top

2015.04.08

ボルボ 875 アッパーシート交換

今回は875の足回りから異音がするとのご依頼を受けました。

お車を見ていくとフロントサスペンションのアッパーシートが切れていました。

このため異音が発生していました。

画像 004.jpg

エンジンルームのこの場所にサスペンションがついています。

これをまず取り外します。

画像 002.jpg

これが取り外したサスペンションです。

スプリングコンプレッサーで、バネを縮め分解していきます。

画像 003.jpg

これがアッパーシートです。

左が新しいもの、右が古いものになります。

この部品を交換しました。

あとは元通り組み付けて完成です。

waku_btm

waku_top

2014.12.12

ボルボ V70 サーモスタット交換

こんにちは!

今回はV70、850Rのエンジンの調子が悪いお車が入庫しました。

診断してみると、どうやらサーモスタットがあやしいです。

IMG_0829.jpg

ここにサーモスタットが入っているので、取り外してみます。

この時冷却水が漏れてくるので先に抜いておきます。

IMG_0831.jpg

これが取り外したサーモスタットです。

左側のものが古いものです。金属部分が割れているのがわかりますね。

サーモスタットという部品は冷却水がラジエータに流れるのを制御する部品になるので、

壊れてしまうとオーバークールやオーバーヒートを引き起こしてしまいます。

新品の部品と交換をして組み付けます。そして冷却水を補充し、エア抜きをすれば完成です!

作業時間は30〜40分ほどで、部品代¥6000〜、工賃¥5000〜(車種により異なりますのでご連絡ください)

今回はオーバークールでの入庫になりましたが、オーバーヒートになると、

エンジンにもダメージがくる可能性があるので、水温計の動きに異常が見られたら、お早めにご連絡ください。

waku_btm

waku_top

2014.12.08

ボルボ V70 ドアロック 作動しない 修理 交換

こんにちは!

 

今回のボルボの修理は、運転関のドアロックがキーレスで動かないという修理になります。

いつも使用頂いているキーレスでドアが開かない、動きが悪いといった症状が出始めますと、ドアの中に御座います、ドアロックのモータが、

悪くなってきております。

作業の手順としては、まずドアの内張り(ライニング)を取り外します。

取り外すとこのようになっております。

V70 ドアロック2.JPG

ここからが少し大変ですが、手を切らないように気をつけての作業になります。

作業に集中してしまいましたので、画像を忘れてしまいました…

外したドアロックがこちらになります。

V70 ドアロック1.JPG

こちらの中で、ドアロックを上げ下げするノブを動かしております。

この部品を良品に交換して、順番に戻して完了となります。

これでキーレスも使用出来る様になり、快適に乗れますね!

 

新品部品での修理ですと、40000円以上の高額な修理になりますが、

当社ですと中古部品でも対応させて頂きます。

今回の修理では、中古部品にて対応させて頂きましたので、部品代が5400円でした。

作業時間がおおよそ1時間ほど、作業工賃が8640円となります。

 

車種・年式・グレード等により金額が異なります。詳しい金額等に関しては、お問い合わせください。

waku_btm

waku_top

2014.11.16

ボルボ修理 V70 2004年式 ガソリン(燃料)漏れ修理 フューエルホース交換

こんにちわ! 整備士のTです。

今回はV70の燃料が漏れている車が入庫しました。

漏れている箇所は給油口から燃料タンクにつながるフューエルホースに亀裂が入っていて、

燃料を満タンにすると漏れてきていました。

今回はこのホースを交換しました。

 

GEDC0197.JPG

この黒くなっているホースがフューエルホースです。

ガソリンで濡れて黒くなっているのがわかります。

GEDC0198.JPG

 

これがホースを外したとこですね。

隙間が狭く手が入りにくいので、とってもやりにくい場所にあります。

GEDC0199.JPG

 

これが新品のホースと外したホースです。

ヒビが入っているのがわかります。

GEDC0200.JPG

 

この部品を交換して完成です!

あとは燃料を満タンにして、漏れの確認をしてお客様にお返しします。

今回の作業時間は2時間ほど、

部品代が約6500円(ガソリン代別途)ほどです。

作業工賃が21600円となります。

waku_btm

PageTop
Copyright©2016 COCSUN Co.,Ltd