ボルボ中古車のコクスンTOP  > スタッフニュース

スタッフニュース

waku_top

2017.07.20

フェイスリフト後の新型ボルボV40、新色のアマゾンブルーが入庫しました。

2016年に内外装がマイナーチェンジされました新型ボルボV40が入庫しました。

こちらは新色のアマゾンブルーで、とってもお洒落な一台です。

アマゾンブルーはボルボの往年の名車「アマゾン」をオマージュされて新色追加されたボディカラーになり

メタリック塗装では無い、ベタなボディー色、淡いブルー色が特徴です。

 

CH3063P02-thumb-780x435-36578.jpg

 

エクステリアではフロントフェイスが一新されました。

新型XC90から採用されました北欧神話由来の「トールハンマー」を模したT字型のLEDヘッドライトを採用。

ボルボのブランドエンブレムを変更され、よりシンプルなロゴとなりました。

グリルは縦ラインに統一され、ブラックピアノ調に塗装されました。

これにより高級感がぐっと増した印象を与えています。

 

CH3063P29-thumb-780x435-36605.jpg

 

 

内装には新デザイン3種類のアルミパネルを採用。

新たに設定されましたグレード T3モメンタム(旧SEに該当)では

チェック柄のテキスタイルシートが北欧らしい大変お洒落なシートになっています。

 

CH3063P12-thumb-780x435-36588.jpg

 

CH3063P15-thumb-780x435-36591.jpg

 

安全面では、歩行者やサイクリストまで検知可能な自動ブレーキを含む

10の先進安全機能「インテリセーフ」を掲載しています。

 

また、オプション設定で用意されていました歩行者エアバックを

今回から全グレードに標準装備しています。

歩行者側の安全も真剣に考えるボルボならではですね。

 

CH3063P05-thumb-780x435-36581.jpg

 

CH3063P10-thumb-780x435-36586.jpg

 

CH3063P07-thumb-780x435-36583.jpg

 

CH3063P33-thumb-780x435-36609.jpg

 

CH3063P19-thumb-780x435-36595.jpg

 

CH3063P14-thumb-780x435-36590.jpg

 

CH3063P24-thumb-780x435-36600.jpg

 

ご紹介させて頂きました2016年式ボルボV40T3モメンタムの詳細はこちら。

その他、ボルボV40中古車情報一覧はこちらを御覧ください。

 

 

waku_btm

waku_top

2017.07.19

改良モデルのボルボXC90-大型グリルエンブレムやサイドビューカメラを採用しました。

先日土浦店に入庫しました平成22年式のボルボXC90は

大幅な改良が行われた最終型に近いモデルです。

改良ポイントは、大型のフロントグリルエンブレム、

フロントフェンダー装着されていた小型のサブミラーを廃止し

全車にサイドビューカメラを標準装備(室内にカメラ画像を表示)

クロームトリム付きフロントバンパーエアインテーク、

シルバーカラーのルーフレール、速度感応式パワーステアリング機構

専用18インチアルミホイール「CAMULLUS」等を装備しています。

 

CH3047P02-thumb-780x435-36343.jpg

 

CH3047P05-thumb-780x435-36346.jpg

 

CH3047P08-thumb-780x435-36349.jpg

 

CH3047P10-thumb-780x435-36351.jpg

 

エンジンは238馬力のガソリン、3.2リッター直列6気筒DOHC。

トランスミッションは、ギアトロニック付き6速オートマを搭載。

 

CH3047P36-thumb-780x435-36377.jpg

 

インテリアにはところどころにシルバーメタルの装飾が施されており

細かな演出ではありますが、インパネデザインやステアリングホイール、

エアコンルーバーの質感を高めていますね。

 

CH3047P33-thumb-780x435-36374.jpg

 

ステアリングホイール左右に付いているスイッチでは

クルーズコントロール、オーディオ操作が可能です。

 

CH3047P14-thumb-780x435-36355.jpg

 

CH3047P15-thumb-780x435-36356.jpg

 

シートは3列式となっており、合計7人が搭乗出来ます。

3列目は少しスペースが小ぶりで、大人が乗るよりも小中学生の子供が乗るのに

最適な大きさです。

 

 

上記にてご紹介させて頂きました、ボルボXC90の車両詳細はこちら

その他ボルボXC90の中古車情報一覧はこちらを御覧ください。

waku_btm

waku_top

2017.07.18

ボルボV60クロスカントリーを解説。ガソリン・ディーゼルモデルの詳細。

ボルボはワゴン車から派生させてモデルラインナップを増やす事が得意なメーカーです。

 

1997年にボルボは初めてフルタイム4輪駆動モデルとして、V70のリフトアップモデル、V70クロスカントリーをデビューさせました。

その後、呼び名をXC70と変えて、都会派ステーションワゴンのみならず、悪路にも対応したクロスカントリーモデルのラインナップを増やしていきました。

 

そんなボルボがV70を廃止させたのが2016年。現行ボルボの主力車種としてV60が中心に添えられてからの、大ヒットモデルV70を終焉させました。

そして、そんなV70のクロスカントリーモデルでありますXC70の系統を引き継ぎ、満を持して登場したのがV60クロスカントリーとなります。

 

top_v60ccdebut.jpg

 


 

■モデル概要

ボルボV60クロスカントリーは、スポーツワゴンとして人気の高いV60の基本フォルムをそのままに、車高を65mm高くし、SUV仕様としたモデルです。

アバンギャルドなV60の洗練さに、クロスカントリーとしてのタフさを増したエクステリアデザインが特徴的です。悪路でも、市街地でも扱いやすい地上高、見晴らしの良さが売りです。

悪天候や荒野でも余裕を持って走行する事が可能な大人のワゴンです。

 

05NOV14_V60CC_03.jpg

 

YTo2OntzOjI6ImlkIjtpOjk5OTIxMDtzOjE6InciO2k6MTYwMDtzOjE6ImgiO2k6OTIyO3M6MToiYyI7aTowO3M6MToicyI7aTowO3M6MToiayI7czo0MDoiZWQwYzJkYzAwZGI2MDk0Yjk0YTE4ZjlkNGE4MTliMTc4ZmU1NzFiYyI7fQ==.jpg

 


 

■エクステリア

ハニカムメッシュのグリル、窓枠とドアミラーはブラックに塗装され、前後左右にはメタリック調のスキッドプレードが装着。

またルーフレールと専用のホイールデザインを装備し、都会派なSUV型ステーションワゴンを感じさせるスタイリッシュなデザインです。

 

Volvo-V60-Cross-Country-D3-large.jpg

 


 

■インテリア

インテリアデザインはV60とほぼ共有の仕様となっています。フリーフローティング・センタースタックと呼ばれる特徴的な北欧デザインのセンターコンソールが特徴的な現行のボルボですが、ビーチウッドパネルの質感の高さや、シルバーメタルの流線的な処理が上質さを演出しています。

 

2015-Volvo-V60-Cross-Country-Interior-1024x682.jpg

(画像は欧州仕様となります)

 


■スペック

・ボルボV60 クロスカントリー D4 SE

全長✕全幅✕全高:4640,mm✕1865mm✕1540mm

ホイールベース:2775mm

車両重量:1730kg

駆動方式:FF

エンジン:2.0L直列4気筒DOHCディーゼル

最高出力:140kW(190ps)/4250rpm

最大トルク:400Nm(40.8kg-m)/1750-2500rpm

トランスミッション:8速トルコンAT

JC08モード燃費:19.5km/L

使用燃料:軽油

サスペンション:前:マクファーソンストラット式
        後:マルチリンク式

タイヤサイズ:前後:235/55R17
       試乗車は前後:235/50R18

車両本体価格:494万円

 

・V60 クロスカントリー T5 AWD SE 

車両重量:1790kg

駆動方式:AWD

エンジン:2.5L直列5気筒DOHCターボ

最高出力:187kW(254ps)/5400rpm

最大トルク:360Nm(36.7kg-m)/1800-4200rpm

トランスミッション:6速トルコンAT

JC08モード燃費:12.6km/L

使用燃料:プレミアム

サスペンション:前:マクファーソンストラット式
        後:マルチリンク式

タイヤサイズ:前後:235/50R18

車両本体価格:519万円

 


■関連リンク

ボルボ V60 クロスカントリー オフィシャルサイト (volvocars.com/jp)

waku_btm

waku_top

2017.07.17

R-DESIGN専用色レーベルブルーのボルボV40。

先日当店に入庫しましたボルボV40 T5 Rデザイン。

こちらはRデザイン専用設定がされておりますレーベルブルー。

ボルボのスポーツカー部門を担当しておりますポールスター社製の

オリジナルカーで使用されている特別なカラーになります。

 

CH3029P02-thumb-780x435-35444.jpg

 

T5 Rデザインは2Lのアイドリング機能付きエンジンを掲載しています。

エンジン始動時には、1.6Lエンジンとは一味違う、心地よいサウンドを奏でます。

 

CH3029P05-thumb-780x435-35447.jpg

 

Rデザイン専用パーツとして

ブラックピアノ調フロントグリル&Rデザインエンブレム

専用フロントバンパー

18インチアルミホイール

シルクメタルドアミラーカバー

リアデュフューザー&左右二本出しマフラー

リアルーフスポイラーを装備。

 

CH3029P10-thumb-780x435-35452.jpg

 

CH3029P21-thumb-780x435-35463.jpg

 

CH3029P12-thumb-780x435-35454.jpg

 

インテリアの装備としては

本革&パーフォレ-テッドレザーコンビネーションシート

スポーツステアリング、専用液晶デジタルメーターパネル

ストライプライン付きフリーフローティングセンタースタック

をいう特別な専用装備とともに

 

ダッシュボード内蔵型HDDナビゲーション、地上デジタルTV

アダプティブクルーズコントロール、アイドリングストップ

キーレスドライブ、イルミネーションシフト など充実した装備の一台です。

 

CH3029P34-thumb-780x435-35475.jpg

 

CH3029P31-thumb-780x435-35473.jpg

 

安全面はもちろんの事、標準装備から充実しています。

衝突防止自動ブレーキシステムの精度も向上し、

装置の作動領域が50㎞/h以下へと拡大され、より安全性が増しました。

 

CH3029P40-thumb-780x435-35482.jpg

 

ボルボV40中古車の在庫情報はこちらを御覧ください。

waku_btm

waku_top

2017.07.17

新車価格942万円!ボルボXC90 V8 TE(トップエグゼクティブ)

平成18年当時のボルボのラインナップ中、一番高額なモデルが

このボルボXC90 V8 TE 7人乗モデルになります。

新車価格は当時9,420,000円もしました。

 

CH3022P02-thumb-780x435-36109.jpg

 

先日当店に入庫してきました、V8 TE。

TEとは、トップエグゼクティブの略となっており、

企業経営者や組織代表者向けの最上級車といった位置づけです。

 

フルタイム4輪駆動のXC90。

その中で最上級グレードだけあり、とても豪華な装備が備え付けられています。

 

CH3022P05-thumb-780x435-36112.jpg

 

エクステリアには、専用のグリルエンブレム、メッキドアミラーカバー

シルバー・サイドステップ、フロントアンダーカバー、リアカバー

アクティブベンディング機能付きバイキセノンヘッドライト

シルバーメタルルーフレール、専用18インチアルミホイールを装着。

 

CH3022P10-thumb-780x435-36117.jpg

 

エンジン排気量は4.4リッターを掲載。

 

CH3022P07-thumb-780x435-36114.jpg

 

CH3022P12-thumb-780x435-36119.jpg

 

インテリアも大変豪華な装備となっております。

高級木材でありますウォールナットをふんだんに使用しています。

>ウォールナットステアリングホイール、センターコンソール、グローブボックスカバー

 シフトノブ、オーディオパネル

 

 

CH3022P33-thumb-780x435-36140.jpg

 

ウォールナットステアリングホイールは高級車の代名詞とも言えます。

 

CH3022P18-thumb-780x435-36125.jpg

 

こちらの車両には前オーナー様がパナソニック製Fクラス(最上位機種)の

オンダッシュ型HDDナビゲーションを設置。

 

CH3022P16-thumb-780x435-36123.jpg

 

チルト機構付き電動ガラスサンルーフを装備。

 

CH3022P14-thumb-780x435-36121.jpg

 

リアにはRSE(リアシートエンターテイメント)と呼ばれる

フロントシートヘッドレス裏側に備え付けられたモニターより、

DVD映像を流す事が出来る仕様となっています。

 

V8 TEでは、オーディオも高級音響ブランドでありますDYNAUDIO社製スピーカー

を使用したプレミアムサウンドオーディオシステムとなっています。

(650W、12スピーカー!)

 

 

CH3022P40-thumb-780x435-36147.jpg

 

ボルボXC90中古車の在庫情報はこちらを御覧ください。

waku_btm

waku_top

2017.07.17

ボルボ独自開発の新世代エンジンDrive-E搭載のV60 T5 Rデザイン。

ボルボが独自開発をした新世代エンジンDrive-Eを搭載したV60 T5 Rデザインが入庫しました。

平成26年6月以降のモデルより、ボルボ独自開発エンジンが搭載されていきました。

エンジン型式がFB420、2L 4気筒直噴ターボエンジンとなります。

 

CH3048P02-thumb-780x435-36187.jpg

 

245馬力・350Nmの高出力を発揮しながらも、JO08モード燃費は14.4㎞/Lを実現。

また、新たに8速ギアトロニック付オートマチックトランスミッションを組合せています。

従来の6速ATに比べ、上下に2速のギアを追加し、よりワイドレンジなギア比を実現しました。

 

CH3048P05-thumb-780x435-36190.jpg

 

洗練され、スポーティーな内外装特徴のRデザイン。

現行フェイスモデルのV60では、まだ中古車流通台数が大変少ない希少な一台です。

 

 

平成25年後期以降のマイナーチェンジ後のV60は、顔立ちがより丹精になり格好良いですね。

主なマイナーチェンジ箇所としては以下となります。

 

■エクステリア

新デザインのヘッドライト

ワイドな大型フロントグリル

新形状フロントバンパー

LEDポジション退路

 

■インテリア

新デザインのシフトノブ

メーターパネルデザイン

パドルシフト装備

 

■安全装備

サイクリスト検知昨日をヒューマンセーフティに追加しました。

セーフティパッケージに「BLIS(ブラインドスポット・インフォメーションシステム)」

「CTA(クロストラフィックアラート)」「LCMA(レーンチェンジ・マージエイド)」や

「フルアクティブ・ハイビーム」を追加しています。

 

CH3048P08-thumb-780x435-36193.jpg

 

Rデザイン特別装備としては、エクステリアに

専用のフロントバンパー、R刻印付きピアノブラック調フロントグリル、

18インチアルミホイール、リアデュフューザー、左右二本出しマフラーとなります。

 

CH3048P10-thumb-780x435-36195.jpg

 

 

CH3048P11-thumb-780x435-36196.jpg

 

CH3048P12-thumb-780x435-36197.jpg

 

インテリアではR-デザイン専用設計の

スポーツレザーシート、ラインストライプ付きフリーフローティング・センタースタック

Rデザイン刻印付きステアリングホイールを装備し、特別な一台に仕立てられています。

 

CH3048P13-thumb-780x435-36198.jpg

 

CH3048P33-thumb-780x435-36218.jpg

 

CH3048P36-thumb-780x435-36221.jpg

 

ボルボV60中古車の在庫情報はこちらを御覧ください。

waku_btm

waku_top

2017.07.13

北欧らしい色使いのNEWボルボV40クロスカントリー。

チタニウムグレーパールのボディカラーに、純正のガンメタリック塗装がされたアルミホイール

シルバーのバンパーアンダーカバーのエクステリアに

内装は、ブラウンとブラックのコンビネーションとなっている本革シートが組み合わされた

新着入庫のボルボV40クロスカントリー。

 

外装色のチタニウムグレーパールでも中古車市場では大変珍しいのですが

さらに、特別設定にて組み合わされた、コンビネーションシートのブラウンカラーが

北欧らしい洗練された色合わせで、とてもお洒落な一台となっています。

 

CH3004P02-thumb-780x435-35625.jpg

 

エンジンはボルボ独自開発の2リッター5気筒ターボエンジンを掲載。

1.6リッターエンジンに比べ、始動時の音がとても爽快ですよ。

是非聴き比べして頂きたいエンジン始動音です。

 

 

CH3004P05-thumb-780x435-35628.jpg

 

どちらかというと男らしい色使いを感じさせる、グレー&ブラックのエクステリアカラー。

V40クロスカントリーの純正アルミホイールはガンメタリック塗装がされておりますが

チタニウムグレーパールとの相性がとても良いですね。

 

 

CH3004P07-thumb-780x435-35630.jpg

 

先進の自動ブレーキシステム、ヒューマンセーフティ

(歩行者検知機能付き追突回避・軽減フルオートブレーキシステム)に

新たにサイクリスト検知機能が追加されています。

この機能は、高解像度カメラとレーダーで構成されるセンサーシステムが

車両の前方をモニタリングし、車両と同じ方向に走っている自転車が

突然車両の進路に入り、自転車との衝突が避けられないと判断した場合に

光と音による警告と同時に自動でフルブレーキを作動させて、追突を回避

または軽減する機能となります。

 

CH3004P10-thumb-780x435-35633.jpg

 

CH3004P08-thumb-780x435-35631.jpg

 

CH3004P12-thumb-780x435-35635.jpg

 

CH3004P13-thumb-780x435-35636.jpg

 

CH3004P15-thumb-780x435-35638.jpg

 

CH3004P32-thumb-780x435-35655.jpg

 

ボルボV40、ボルボV40クロスカントリーの中古車情報はこちらより御覧ください。

waku_btm

waku_top

2017.07.12

135型ボルボV70の最上級モデル、V70 T6 AWD Rデザイン。

平成20年~29年まで発売されていました最終型V70。

通称名称135(いちさんごー)と言いますが、このV70の

最上級グレードであります、V70 T6 AWD Rデザインが入庫しました。

 

CH3014P02-thumb-780x435-35235.jpg

 

3リッター&ターボのエンジンを積みます当モデルは

馬力304Ps、最大トルク440Nmを発揮。

 

こちらの車両は新車時からのワンオーナー車両となっており

走行距離も12,000㎞と大変少ない距離になっています。

 

また、特別オプションのポールスターパッケージを掲載。

更なる馬力アップによる走行性能の向上がされています。

 

CH3014P05-thumb-780x435-35238.jpg

 

エクステリアにはRデザインの特別装備が多数装着されています。

・シルクメタルドアミラーカバー

・シルクメタルフォグランプカバー

・専用アルミホイール

・フロントグリルエンブレム

 

CH3014P08-thumb-780x435-35241.jpg

 

・リアルーフスポイラー

・デュアルマフラー

 

CH3014P10-thumb-780x435-35243.jpg

 

CH3014P27-thumb-780x435-35260.jpg

 

ポールスターパッケージがインストールされている事を証明するエンブレム。

 

CH3014P28-thumb-780x435-35261.jpg

 

衝突防止自動ブレーキ等の安全装備を標準装備しています。

 

CH3014P21-thumb-780x435-35254.jpg

 

CH3014P12-thumb-780x435-35245.jpg

 

Rデザインの専用装備、オフブラック&ホワイトコンビレザーシートが

特別な一台を演出していますね。

 

モデルは平成22年式の中期モデルとなり

シルクメタルの4本スポークステアリングホイール、

シルクメタル付きフリーフローティングセンターストックとなっています。

 

CH3014P15-thumb-780x435-35248.jpg

 

CH3014P33-thumb-780x435-35266.jpg

 

ステアリングホイールはスポーツタイプのRデザイン専用タイプになっています。

 

CH3014P29-thumb-780x435-35262.jpg

 

チルト機構付き電動ガラスルーフ。

 

CH3014P30-thumb-780x435-35263.jpg

 

パワーバックドアを装備。

 

CH3014P24-thumb-780x435-35257.jpg

 

ドアミラー下部に装着されたカメラはBLISと呼ばれるサポート機能。

BLIS(ブラインド・スポット・インフォメーション・システム)とは

後方の死角に入っている車両や、右側および左側の斜線を走行しながら

急接近する車両が近づいた時に警告を行う補助装置となります。

 

 

装備が大変充実しており、内外装とても綺麗なV70 T6 AWD Rデザイン。

早々には出てこない特別な一台となっています。

 

ボルボV70中古車情報はこちらより御覧ください。

 

 

 

 

 

 

waku_btm

waku_top

2017.07.11

ボルボの特別限定車・XC90ブラックパールエディションが入庫しました。

2006年に発売されましたボルボの特別限定車

XC90ブラックパールエディションが入庫しました。

当時250台のみの限定販売がされたモデルになります。

 

CH2983P02-thumb-780x435-34885.jpg

 

このモデルは映画「パイレーツ・オブ・カリビアン・デッドマンズチェスト」

をモチーフに、ジョニー・デップ扮するジャック・スパロウ船長が操る、

ブラックパール号からモデル名が付けられました。

なぜパイレーツ・オブ・カリビアンの名前が冠せられているかというと

ボルボは世界的なヨットレース「オーシャンレース」への協賛を長年続けており

このオーシャンレースの2005-2006年大会に、ウォルト・ディズニー社が

「パイレーツ・オブ・カリビアンⅡ号」を参戦させたのがきっかけでした。

ちなみに、このヨットレースを記念した特別仕様車「オーシャンレースリミテッド」も

毎年ボルボの各モデルに設定をされています。

 

CH2983P05-thumb-780x435-34888.jpg

 

ブラックパールエディションの特別装備を解説します。

外装色はブラックサファイヤメタリックのみの設定になっています。

17インチのアルミホイールはガンメタリック塗装されています。

もととなるグレードがベースモデルとなっていますので、

ヘッドライトは中のリフレクター部分が黒いタイプになっていますが

ライトはバイキセノンヘッドライトを掲載。

リア5面ガラスは販売当初より濃色化工がされています。

 

CH2983P08-thumb-780x435-34891.jpg

 

リアルーフスポイラー、チルト機構付き電動ガラスサンルーフ、ルーフレールを装備。

 

CH2983P21-thumb-780x435-34904.jpg

 

CH2983P12-thumb-780x435-34895.jpg

 

インテリアは、黒本革シートに

ブラックアルミニウムのセンターコンソールと

ブラックでシックに統一されています。

 

CH2983P31-thumb-780x435-34914.jpg

 

CH2983P34-thumb-780x435-34917.jpg

 

前席ヘッドレストに埋め込まれた7インチワイドスクリーン、

センターアームレストには後席専用DVDプレーヤー、マルチメディア用の

AVターミナル、ヘッドフォンソケット、赤外線ワイヤレスヘッドフォン、

リモコンを装備しています。

 

内外装ブラックを基調としたアーバンスタイルなボルボXC90の特別限定車。

中古車流通はとても少なく、当店でも入庫次第すぐに契約となる事が多い車両です。

 

 

ボルボXC90中古車情報はこちらより御覧ください。

waku_btm

waku_top

2017.07.10

社内雰囲気のご紹介

コクスンの社内雰囲気をちょこっとご紹介したいと思います。

コクスンは北名古屋店と清須市にある整備工場、茨城県の土浦店と

3つの事業所で、合計29名のスタッフが働いています。

 

創業から11年が経過し、徐々にではありますがスタッフも増え

長く働くスタッフも多くなってきました。

スタッフ同士の仲も良く、外から感じて頂く以上に

社内雰囲気はアットホームな会社となっています。

 

コクスンの特徴として

スタッフ誕生日をみんなで祝う文化があります。

会社の制度にもなっており、社員誕生日には

会社が金銭負担をして、誕生日ケーキと、プレゼント(同僚が選びます)

を誕生日スタッフに送ります。

なんとも心温かくなる誕生日会を毎月のように行っています。

 

19477420_142632162959119_5767600998320880906_o.jpg

 

19787240_149686015587502_1719541325263245573_o.jpg

 

18221645_121764955044573_3179893262703149681_n.jpg

 

18155966_120763541813945_3926403866905931543_o.jpg

 

誕生日会の風景は社内SNSで共有され

多店舗の皆でお祝いコメントを残します。

 

表には出てこない、コクスンの文化ですが

こういった、思いやりを持った機会を作り、続けていく事で

お客さまにも伝わる、誠意やアットホーム感が醸成されていければ

最良だと思っています。

 

 

【コクスン 土浦店では 営業・整備士スタッフを募集しています】

マイナビ転職サイトにて詳細を御覧ください。

営業職の詳細はこちらを御覧ください。

整備士職の詳細はこちらを御覧ください。

waku_btm

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
PageTop
Copyright©2016 COCSUN Co.,Ltd