ボルボ中古車のコクスンTOP  > スタッフニュース > 2015年11月

スタッフニュース

waku_top

2015.11.23

ボルボ新型S90が2016年にデビューを予定

先日のブログにてボルボ新型S90、V90のリーク情報をお伝えしましたが、

この度、ボルボカーより新型S90の正式なリリース情報が出てきました。

 

ボルボは全てが新しいS90の公式画像を発表。

 

20NOV15_S90_Cover.jpg

 

20NOV15_S90_01.jpg

 

今年世界デビューを果たしました新型XC90からの新しいアーキテクチャー&プラットフォーム

全てが新しいNEWデザインを受け継いで登場する予定です。

 

特徴的なフロントヘッドライト ”トーズハンマー”と呼ばれる北欧神話をモチーフにしたLEDライト。

上部と下部が独立したカーブを描く、差別化されたリアテールレンズ。

 

現行S80に変わる新たなフラッグシップモデルを担うS90ですから、

ボディサイズもパッセンジャーを優雅に包み込めるサイズ感となることでしょう。

 

世界的な評価が非常に高い新型XC90の評判そのままに、

大型ビックセダンカテゴリーで、プレミアムドイツ勢とは一線を画す存在になる事を期待しています。

 

正式発表は2016年初頭に予定されるアメリカ・デトロイトオートショーのようです。

 

 

 

waku_btm

waku_top

2015.11.20

ボルボが提唱する自動運転車"コンセプト26"

北米で開催されているロサンゼルスモーターショーで

ボルボは自動運転走行車のインテリアデザインコンセプトと技術プラットフォームを発表しました。

 

volvo-concept-26.png

 

”Concepr26”(コンセプト26) と呼ばれるまったく新しいボルボの自立運転車には

日常生活に溶け込んだハイグレードな自立運転車について新しい手法を提唱しています。

 

コンセプト26の26とは、アメリカ労働者の平均的な通勤時間(片道)を表しています。

ボルボはそんな通勤時間の約26分を、ストップ&ゴーを繰り返す退屈な時間から、

より有意義で創造的なことに使える時間を確保しようという思いがあります。

 

169594_Concept_26.jpg

 

さらに、ボルボはその意義として、日常の全てを自動運転に頼るのではなく、

走りの喜びを楽しみたい時と、通勤といった毎日繰り返される、時に寄っては退屈な時間を自立運転に任せていく、という手動運転と自動運転の切り分けを提唱しています。

こういった自動運転に対しての、メーカーとしての位置づけをはっきりと提唱させている事が、世界でも有数なブランドアイデンティティを持ったボルボの良さだと私は感じます。

 

このコンセプト26が発表される前にボルボは公式サイトにて

「新しいコンセプトカーのヒントは タイムマシン である」 と言いました。

 

このタイムマシンとは、毎日の通勤時間26分をストレスから開放し、

より有意義な時間に投資をする事によって得られる生涯の莫大な時間を取り戻すという意味が込められているようです。

 

169599_Concept_26.jpg

 

waku_btm

PageTop
Copyright©2016 COCSUN Co.,Ltd