ボルボ中古車のコクスンTOP  > スタッフニュース > 2016年1月

スタッフニュース

waku_top

2016.01.15

ボルボの世界販売台数が創業来初の50万台超えを達成!

ボルボは昨年度2015年の世界販売台数が50万3127台を記録しました。

これはボルボが創業してから89年間で最高の台数になります。

 

1001301.jpg

 

何よりもボルボの復活を遂げた要因としては2010年以降から発売されたNEWモデル達。

 

ボルボV40、V60、XC60の存在が大きいのは明確です。

フォード・モーターの傘下にいた1998年から2008年頃までは

世界的に販売台数を落とし続け、往年のボルボ850や240の時代に一世を風靡した面影はすっかり無くなっていました。

 

ここ日本でもボルボのイメージは、あのレンガのようなボディに頑丈さ、安全性で

質実剛健で地味なイメージをずっと持たれ続けていました。

 

それが全てが新しいXC60やV60のデビューにより

発売当初は賛否両論ありましたが、その流線的かつスポーティなデザイン性と走りの良さに

自動車評論雑誌の評判もすこぶる好調で、

その次にまったく新しいモデルとして登場したV40(ブイフォーティ)はカー・オブ・ザ・イヤーの受賞も達成しました。

 

昨年度のボルボの販売台数は中国では中国自体の景気不安視から横ばいの実績となってしまいましたが、

アメリカを中心に大きく販売台数を伸ばすことに成功し、大復活を遂げた事が大きな要因です。

 

また昨年に世界販売された新型XC90は、今までのマーケットよりも、よりプレミアムセグメントを意識した

高級路線となり、内外装の質感が一層向上しています。

早くもアメリカの各紙では2016年の”クルマ”との評判が立っており、大ヒットを記録し続ける事は間違いないと思われます。

 

そして現在開催中のデトロイトモーターショーでは、次期型ボルボS90がワールドプレミア・披露されました。

 

より一層先駆的なデザインアイデンティティを持つ事に驚きと感じるとともに

半自動運転システムを標準装備させるなど、”安全面”で先行するボルボが、早くも自動運転の分野でもリーディングカンパニーとなる予感がします。

 

今後ボルボは4年間で新型XC90、S90のコンセプトを持った新型車に全てのモデルをラインナップ変更していくとしています。

 

今後のボルボの躍進に益々目が離せません!

waku_btm

waku_top

2016.01.09

ボルボ新型V90の画像がリークしてきました。

昨年末にボルボカーより正式にアナウンスされました新型ボルボS90に続き

まったく新しい型のV90が、いよいよ画像のリークがされてきました。

 

下記の画像は海外のサイトでリークした画像です。

 

99927db1-s.jpg

 

1c035aef.jpg

 

おそらく新車でお披露目される前のメカニズムチェックをしている画像でしょうか。

 

新型プリウスのリーク画像でもありましたが、こういった作業途中や運搬途中のリークが

最近の流行りでしょうか?(汗)

 

ともかく、この新型V90。

かなり大型のワゴンモデルになっています。

 

現行型V70を引き継ぐモデルになるとは思いますが、ラゲッジスペースがより大型がされ

テールゲートを左右に横断するテールレンズから、リアランプが特徴的です。

 

新型のS90や今月いよいよ日本デビューを果たす新型XC90同様

ボルボの新たなフラッグシップモデルに相応しい内外装の高級化がなされる事は間違いありません。

 

トールハンマーと呼ばれる横に寝かせたT字の特徴的なヘッドライト。

大きく開いたフロントグリルに、迫力のあるフロントスポイラー形状。

 

日本ではボルボ=ワゴンという代名詞がありますので、国内でのボルボの新の成功がかかった新型モデルとなりそうです。

waku_btm

PageTop
Copyright©2016 COCSUN Co.,Ltd