ボルボ中古車のコクスンTOP  > スタッフニュース > 2017年6月

スタッフニュース

waku_top

2017.06.22

パワーブルーメタリックのS60が入庫しました。

パワーブルーメタリックという爽やかな水色が魅力的な

フェイスリフトされたマイナーチェンジ後のボルボS60が入庫しました。

CH2922P02.jpg

 

外装には、シルバー色のフロントデコフレーム、サイドスカッフプレート、リアデュフューザーがセットになった、エクステリア・スタイリング・パッケージ付きで、

より高級感が増した特別な一台です。

CH2922P04.jpg

 

マイナーチェンジでは、エクステリアのデザイン変更がなされ。

新デザインのヘッドライト、よりワイドになった大型のラジエータグリル、

水平なクロームトリム、フロントバンパー形状の変更により

洗練され、高級感溢れる顔立ちとなりました。

 

CH2922P10.jpg

 

CH2922P28.jpg

フロントバンパー下部に装着されたフロントデコフレーム。

 

CH2922P21.jpg

 

サイドスカッフプレート。

 

 

CH2922P29 (1).jpg

 

リアマフラーの形状に合わせたリアデュフューザー。

 

 

 

CH2922P12.jpg

 

内装は落ち着いたスカンジナビアンデザイン。

オフブラックの本革シート、シルバーメタル&本革巻きステアリング

アルミ調パネルのセンタースタックコンソール。

 

CH2922P33.jpg

 

マイナーチェンジ後のモデルからは

ステアリング裏にパドルシフト機能を装備。

 

CH2922P31.jpg

新デザインのシフトノブ。

 

CH2922P18 (1).jpg

バックカメラ付き。

 

安全面では、ヒューマンセーフティ(歩行者検知機能付き追突回避、軽減フルオートブレーキシステム)

自転車に乗った人も感知する「サイクリスト検知機能」が追加されました。

 

こちらのパワーブルーメタリックは

このマイナーチェンジ後から導入された新色になります。

※他にも追加された新色には

 クリスタルホワイトパール、ブライトシルバーメタリックがあります。

 

 

ボルボS60の中古車情報はこちらから

waku_btm

waku_top

2017.06.16

味わいが全てのボルボのフラッグシップモデル。

こんなボルボを仕入れてみました。

 

CH2904P04.jpg

 

そう、ボルボS90です。

今年から新型S90がデビューしましたが、

こちらは1998年11月まで販売されていた旧型モデルになります。

 

CH2904P05.jpg

 

Aピラーから天井、リアにかけて角ばったフォルムが

まさに、味わいを感じさせてくれる一台です。

 

S90の前に発売されていた960シリーズの後継モデルで、

当時のボルボのフラッグシップモデルでした。

 

掲載エンジンは200馬力の直列6気筒3L、DOHC、24バルブ。

駆動はFRとなります。

 

CH2904P11.jpg

 

ノースフェイスがとにかく長い…。

そして、”カクカク”のフォルムが素敵です。

ボルボ大好きな私としては、現行型の流線的なフォルムも好きですが

850、240、940、そして960シリーズといった角ばったボディに

魅力を感じて仕方がありません。

 

こういったレトロな”物”に味わいや哀愁、そして所有を通じて

自己満足を感じるのは私だけでしょうか?

 

 

CH2904P36.jpg

こちらの車両は、グレードが3.0で

一番廉価なグレードとなります。

シートは本革シートでは無く、布シートになります。

こちらの車両は、内外装とても綺麗で、走行距離が5万キロ以下の極上車。

 

こういった出物は中々現存していません。

 

CH2904P31.jpg

 

オーディオには850Rやクラシックパッケージに使用されています

アルパイン製の純正オーディオ”プレミアムサウンドオーディオ”を装着。

 

ボルボのウッドパネルは、環境にも配慮した素材となっており

樹脂素材の表皮に薄くウッドを張り込んだ突板タイプになっています。

 

CH2904P26.jpg

 

このS90の詳細情報はこちらより

http://cocsun.jp/sell/cat79/cat82/s9030.php

※売約がされた場合はリンク先がエラーとなります。

 

waku_btm

waku_top

2017.06.15

ボルボ850Rスペシャルレッドが2台同時に整備中。

昨日の清須整備工場にて。

往年の名車ボルボ850Rエステートのスペシャルレッドが

たまたま2台並んで整備をされていました。

IMG_0118.jpg

どちらも当社の顧客様の車両。

スペシャルレッド2台が並ぶと、大変存在感があります。

 

一台は車検整備にて入庫。

もう一台は水漏れ修理での入庫でした。

IMG_0121.jpg

IMG_0120.jpg

 

ボルボ850Rは、1996年に国内800台限定で発売された希少車です。

昔、SMAPの木村拓哉さんが乗っていた事で有名なボルボ850。

その中でも一際スポーティな外観を持つRは、今でも大変人気のあるモデルです。

ただ、すでに発売から20年が経過し、現存するRの個体は極わずか。

 

当店ではおそらく100台近くの850Rを過去10年に渡り販売をさせて頂きましたが

今では状態の良いRを見ることはとても少なくなりました。

 

 

今回ご入庫頂いております850Rのお客様お二人とも

当社の既存顧客様になりますが、

どちらの車両ともにボディがとっても綺麗です。

 

Rのスペシャルレッドは、R専用の限定カラーとなり

通常の850に設定されている赤、クラシックレッドよりも

朱色の強い、インパクトのある洗練された色味になっています。

 

このスペシャルレッドに関しては

20年が経過した今も、外装の磨き上げとガラスコーティングや

セラミックコーティング等のボディーコーティングを行うと

新車時に近い輝きを取り戻す事が出来ます。

 

 

私も過去に2台程、こちらと同じ850Rエステートのスペシャルレッドを

愛車として乗ってきましたが、本当に良い車でした。

今後、どれだけ見続ける事が出来るか分かりませんが

コクスンでは、販売も整備でも、850Rのメンテナンス維持を

頑張ってまいります!

 

コクスン 代表 平野真矢

waku_btm

waku_top

2017.06.08

お値打ちなボルボS60が入庫しました。

ボルボの場合、Vシリーズのワゴンに比べ、Sシリーズのセダンタイプの方が

中古車価格がお値打ちになる傾向があります。

実感値として20万円から40万円程の値下がりがあると感じます。

 

理由としては、やはり「ボルボ=ワゴン」のイメージが強く

ワゴンのボディをセダンにした”感”が昔の850シリーズの時に日本人に植え付けられた為のように思います。

 

最近のボルボセダンは、ボディラインが滑らかなカーブを描き

リアクォーターのショルダー部の盛り上がりがとても”セクシー”なモデルです。

ワゴンのような、ラゲッジスペースが必要ないと感じる方には

お値打ち感があり、滑らかなフォルムが魅力的なSシリーズがオススメです。

 

一昨日にネットアップ致しました、こちらのS60は

車両本体価格が79.7万円と大変お値打ちな一台です。

 

CH2881P02.jpg

 

シルバーメタリックのボディが落ち着いた印象の、大人なセダン。

走行距離が7万キロ台という事でお値打ちな価格設定となっていますが

内外装の状態も良く、機関系に不具合もありません。

 

CH2881P05.jpg

 

CH2881P08.jpg

 

特徴的なリアビューを持つボルボS60。

昔の850シリーズから、ボルボはワゴンもそうですが

リアテールランプの形状が特徴的で、他社にはない個性がありますね。

 

CH2881P10.jpg

 

リアクォーターのショルダー部が

盛り上がっており、全体的にグラマラスなラインが印象的です。

フルモデルチェンジされたS60が発表された時に、特にPRされたのがこのラインでした。

 

CH2881P11.jpg

 

CH2881P28.jpg

 

フロントグリルのエンブレム横についているお弁当箱のような黒い箱。

何だか分かりますか?

 

こちらは、セーフティパッケージと呼ばれるオプション装備が

装着されている車両にのみ設置されており

自動ブレーキシステムによる障害物感知を行うセンサーの役割をします。

 

CH2881P12.jpg

 

スカンジナビアンデザインがお洒落な新世代ボルボの内装。

フリーフローティングと呼ばれるセンタースタックコントロールが

特徴的で、わずかにドライバー方向に傾斜されたセンタースタックが

洗練されたデザインとともに高い機能性を持ち合わせます。

 

この高いデザイン性と機能性を合わせもつ事が

スウェーデンを始めとする北欧企業の特徴ですね。

 

CH2881P33.jpg

 

本革巻きステアリングには

左にクルーズコントロール、右側にオーディオ類の

操作スイッチが装着されています。

 

CH2881P29.jpg

 

センタースタックコントロールでは

オーディオ、ナビゲーションシステム、空調システム、各種安全機能の

設定が可能です。

CH2881P23.jpg

 

ドアミラー下部に設置されたカメラは

BLISと呼ばれる、左右に迫る後続車の位置を感知し

車線変更時や右左折時の、事故を防止します。

 

 

こちらのボルボS60の詳細情報は

下記より御覧ください。

http://cocsun.jp/sell/cat79/s60e-2.php

※売約後はリンク先が無くなります。

 

ボルボ中古車情報はこちらから

http://cocsun.jp/sell/

waku_btm

waku_top

2017.06.05

V60の現行型から旧型まで。

IMG_0111.jpg

 

本日の北名古屋市は風が強く、気持ちの良い一日です。

現在店舗前の展示場にはボルボV60の現行型から初期モデルまでが並んでいます。

道路側にはブラックとホワイト(クリスタルホワイトパール)がシックに並んでいます。

 

当社では比較的モノトーンで揃えるよりも、レッド系やブルー系も

幅広く取り揃えるのですが、モノトーンが並ぶ展示場は

店舗も含めた描写でみると、とてもシックで格好良いですね。

 

コクスンのブランドカラーも黒とホワイト。

正確にはライトグレーもあるのですが、何事もシンプルにするのが好きです。

もちろん、今後も黒白以外にも多数入庫しますので、

ホームページやフェイスブックページをご確認頂ければ幸いです。

waku_btm

waku_top

2017.06.05

ボルボ940は角ばった輸入車が欲しい方にお薦めです。

先日当店に入庫しました、ボルボ940エステート。

こちらのお車はユーザー様より直接当店にご依頼頂き買取をさせて頂いた一台です。

CH2876P02.jpg

940エステートは

最終製造が1997年と、ファイナルモデルでも20年が経過したモデルです。

 

それでも今もなお、この角ばったボディが好きだからという理由で

根強い人気があるレトロカーです。

 

940の良い所としては、比較的この年代の輸入車に比べ

故障が多くない事です。

同じボルボの”角ばった”モデルとして、ボルボ240がありますが、

940は240に比べ、故障頻度も多くなく、言うなれば輸入車初心者でも乗りやすい一台です。

 

オススメのグレードは

最終モデル 1996年、1997年式のクラシックです。

今もそうですが、ボルボはモデル末期(ビッグマイナーチェンジを行う前)に

クラシックという名前のグレードを用意し、本革シートや各種豪華装備をセット価格にした

お値打ちプライスのグレードを販売します。

 

最終モデルのいい所は、各種機関系の機能が成熟され、

同計上のモデルの中で一番完成度が高くなっていることです。

それは、故障率が低くなることも意味します。

さらには売却する際のリセールバリューも、クラシックは高くなります。

 

CH2876P11.jpg

前も後ろも長い940。

現行型V70にも匹敵する縦幅があります。

それでも良いところ、ハンドルの最小回転半径がとても短いところ。

FRでもありますので、据え切りをすると驚く程に曲ります。

 

CH2876P16.jpg

こちらがクラシック専用のボルボ純正16インチアルミホイール。

 

CH2876P12.jpg

クラシックの内装には、黄色味がかったウッドパネルが使用されています

エアバックシステムは運転席のみ装備。

 

CH2876P13.jpg

本革シートは、グレーの2トーンカラーになっております。

こちらも運転席のみパワーシート機構を装備しています。

 

CH2876P38.jpg

リアシートはフルフラットシートにする事が出来ます。

また、940には通常の5人乗りモデルに加え、7人乗りモデルもあります。

7人乗りモデルはこちらのラゲッジスペースの下に隠れる形で

小学生くらいの子供が座れる簡易的なシートが装備されています。

 

 

940は同年代に販売されていた850に比べ

電子的な機構が少ないアナログ的な要素が多いため、故障も少なく

輸入車初心者でも比較的乗りやすいモデルではありますが

内装部品の劣化や外装状態の悪い個体も多く、

程度の良い車両を見つける事がとても難しいモデルです。

 

ある程度、劣化した風味を好き好むくらいの方が乗られるのが良いかもしれません。

 

 

コクスン バイヤー 平野真矢

waku_btm

waku_top

2017.06.03

土浦店の人材募集を開始しました。

ボルボ専門店コクスン土浦の人材募集を6月2日より開始しました。

昨年の7月1日にコクスン初の多店舗としてオープンをしました土浦店。

2年目をもうすぐ迎えるにあたり、第三展示場を新設する事になりました。

ボルボ中古車の展示台数も現在の30台程度から、

最大100台の展示が行える大型展示場を作ります。

 

業務拡大につき、営業社員と整備士社員をそれぞれ2名の合計4名程の新規スタッフを募集しています。

 
ボルボの専門店として11年目を迎えましたコクスンでは
誠実で思いやりのある方と一緒に仕事をしたいと思っています。
専門な知識と技術を磨いてみたい方。
温かいスタッフとともに、働きがいを感じながら仕事をしたい方。
家族のことやオフも充実させたい方にコクスンは向いています。
 
数年以内に神奈川エリア、兵庫エリアへの出店も計画しています。立ち上げメンバーに加わりたい方の単身勤務も可能です。
 
是非、気になった方はお気軽にご連絡下さい。
 
waku_btm

PageTop
Copyright©2016 COCSUN Co.,Ltd