コクスン

戻る
CONTACT

CONTACTお問い合わせ

STAFF NEWS スタッフニュース

新型ボルボ XC20?

2019.08.15

ニューモデル情報

昨年末頃より噂されていましたボルボの新型モデルに関しての情報です。

 

コンパクトハッチバックワゴンとして人気の高かったV40がついに今年2019年を持って販売が終了します。(本国スウェーデンではメーカーサイトにも掲載されていません。)

そこで気になっていたのがV40の後継問題。
メーカー関係者の話しでは純粋なV40の後継モデルは今年、来年では出ないという事でした。

 

そこで噂が出始めたのが、ボルボはXCモデル(SUV)において
新型XC40のさらにコンパクトなモデルを出すのではないか、という事でした。

 

それがXC20です。
確かにXC40は全幅がとても大きく、全長は4.4mありますから
純粋なコンパクトSUVというには少し大きいかもしれませんでした。

 

AUDIであればQ3とほぼ同格の大きさでしたが、AUDIにはQ2という更にコンパクトな、全長4mのSUVがあります。
このQ2と同様のカテゴリーにボルボも新型車を投入するのでは、という噂があり、ある程度メーカー経営陣も認めていたようです。

 

そこで今回、レンダリングCGとしては妙に信憑性の高い、もしかすると本物ではないかという
ボルボXC20に関してのリーク画像が海外自動車サイトにて出ていましたので紹介します。

 

それがこちらです。

 

CGにしては、あまりにも精巧な画像ですね。

フロントヘッドライトの造形は、以前にボルボがXC40と一緒に発表したコンセプトモデルとほぼ同様のデザインであり、

電動車専用ブランド、ポールスターの新型電気自動車、ポールスター2とも共有しています。

リアの横に繋がったテールランプ形状も一部ポールスターと一緒ですね。

縦に伸びる部分はボルボのアイデンティティといった所でしょう。

 

そして画像を見て目立つのが左フェンダーに装備されている電気の充電口。

右側が見えないので分かりませんが、もしかするとボルボ初の100%EV(完全電気自動車)としてデビューするのかもしれませんね。

最低でもPHEVといったところでしょうか。

フロントグリルがまったく新しいデザインとなっており、本来ラジエーターを冷却する為に使用する風の通気口がありません。

これは電気自動車に共通する部分ですので、画像のモデルは100%EVの可能性が高そうです。

あるいはモデルによってグリル形状が変わるのかもしれませんね。

 

この画像が本物なのかは分かりませんが、こういった実物に限りなく近いリーク画像が出回り始めると、正式発表が近いというのが、過去のボルボの新型モデル投入時の傾向でしたので、期待が持てそうです。

 

RECOMMENDED

LATEST ARTICLES

CATEGORY

PAGE TOP