コクスン

戻る
CONTACT

CONTACTお問い合わせ

STAFF NEWS スタッフニュース

ボルボのヘッドライト黄ばみ変色を磨き上げコーティングします。

2019.11.06

パーツ・グッズ情報 ボルボ修理故障ブログ

ボルボのV70やV60、V40などで新旧とわず多い劣化症状に

ヘッドライトレンズの黄ばみ、くすみ、変色と呼ばれる症状があります。

車の正面を飾る顔の目の部分が、劣化によってくすんでしまっていると

車両全体のイメージが古臭く綺麗なものではなくなってしまいます。

 

カー用品店さんで売れられているヘッドライトレンズの黄ばみ取り、クリーナー用品では

取り切れない、あるいは施工後すぐに元通りになってしまうような、レンズの劣化でも

当店では特殊なレンズクリーナー溶剤と研磨施工によって、輝きを新車時に近い状態に戻す事が可能です。

 

 

下の画像が施工前の状態。

2007年モデルのSB型V70クラシックです。

レンズ全体が劣化し、黄ばんでしまっており、車両全体が古く見えてしまっています。

 

下の画像が、ヘッドライトレンズの半分を研磨し、特殊な溶剤を塗布した所です。

 

施工完了後はこのように、新品のような状態に復活しました。

 

コクスンではヘッドライトレンズクリーナーを製造販売する専門業者(一般販売はされていません)と提携し

ボルボのヘッドライトレンズでも、施工効果が高く、持続する高品質な溶剤を仕入れ、自社にて研磨と塗布施工を行っています。

 

価格はボルボ全車種、両側セットで26,400円(税込)となります。

作業時間は約3時間~5時間程掛かりますので、お預かり(代車無料)あるいは半日作業での施工となります。

 

お気軽にお問い合わせフォームよりご相談ください。

(北名古屋店、土浦店)

https://cocsun.jp/service/repairing.php#rform

RECOMMENDED

LATEST ARTICLES

CATEGORY

PAGE TOP