コクスン

戻る
CONTACT

CONTACTお問い合わせ

STAFF NEWS スタッフニュース

ボルボディーラー整備のC70カブリオレが入庫。

2020.01.09

入庫情報

新着入庫車両のこちら、873型(8B)C70カブリオレ。

新車時からボルボ正規ディーラーにてメンテナンス整備をされてきたワンオーナー車両です。

 

 

ガレージ保管されており、大切に維持管理されてきた車両です。

モデルコード873・875と呼ばれるエンジン型式8BのV70、C70は

今となってはだいぶヴィンテージ感が出てきたボルボですね。

 

私の妻の車も875型V70クラシックで、毎週末875で移動をするのですが

この次の世代にあたる285(SB型)や135(BB型)に比べ、ボディサイズがコンパクトで

女性でも運転しやすい、ちょうど良いサイズ感が気持ちのいいモデルで私好みの車です。

 

 

最終モデルのT5 クラシックは新車時価格5,775,000円。

エクステリア、インテリアデザインを見ても、上品で温もりのあるボルボらしい車です。

最終モデルになりますので、”キラキラ”クリアなヘッドライトレンズに、格子型グリルとなっています。

 

 

幌のカラーはベージュ。

ブラックサファイアメタリックのボディカラーとの組み合わせが似合っています。

もちろん幌の開閉動作確認済み。

ボルボC70カブリオレはそこまで幌開閉の故障は多くありませんでしたが、

幌のリアガラスが外れてしまう(浮いてしまう)故障がよくありました。

こちらのお車はそういった浮きが見られません。

 

 

875と共通しているインテリアデザイン。

2005年モデルになりますので、V70はすでに285の後期型になっています。

ただ私は875もそうですが、この素朴かつウッドを多用したインテリアが大好きです。

 

 

北欧車らしい明るいインテリア。

高級感ある本革シートと、チェスナットウッドインテリアが落ち着き有るボルボの室内空間を演出。

私が惚れ惚れするほどボルボらしさを感じる当時のインテリアです。

 

 

 

デンマークの高級オーディオブランド、DYNAUDIO製(ディナウディオ)のスピーカーに

4.1チャンネルのDolby サラウンド・プロロジックのオーディオシステムで素晴らしい音響を奏でてくれます。

 

現行モデルや一世代前のボルボも素晴らしい車ですが

1997年~当時の875型、873型のV70、C70も本当に素晴らしい。

すでにヴィンテージボルボの領域に入りつつある両車両ですが、240や940ほど廃盤部品で苦労したりするモデルではありませんので、

昔良きボルボを味わうモデルとして最適です。

 

 

RECOMMENDED

LATEST ARTICLES

CATEGORY

PAGE TOP