コクスン

戻る
CONTACT

CONTACTお問い合わせ

STAFF NEWS スタッフニュース

新型ボルボV60のパイングレーメタリックは素敵な色味

2020.01.10

ニューモデル情報

今日は仕入れの為に、名古屋港付近にある業者オークションに来ています。

本日の良質ボルボ中古車として仕入れ検討している車両は全部で7台。

お昼過ぎの段階で4台の競りが終了し、現時点で2台の仕入れに成功しました。

 

そんな中、当店で本日仕入れる予定ではありませんが

現行型でモデルコード225、エンジン型式ZB420のボルボV60が出品されていました。

 

 

今までも何台も現車をチェックしている225V60ですが、

今回のボディカラー、パイングレーメタリックは初めて。

 

とっても素敵な色味ですね。

現行型モデルからの新色になりますが、淡い薄緑色と灰色が混ざりあったような妖艶で落ち着いた色味です。

グリーンといっても良く、グレーとも言える。

これをグリーンとすると、内装色アンバーのインテリアシートとの組み合わせがとても素敵です。

 

ボルボといえば、私が思い出すのは940や850時代のグリーンメタリックや、ダークオリーブパールといった緑色のボディカラー。

国産車ではあまり無いグリーンのボディカラーがマッチするのは、流石スウェーデンの車だなと当時から思っていました。

そして、現代の新世代ボルボが提案するグリーンはベタでもマットでも、単純なメタリックでもない、このパイングレーメタリックのような色が入り混じったような妖艶なグリーンで、上品さ溢れるボルボらしいカラー設定だと感じます。

RECOMMENDED

LATEST ARTICLES

CATEGORY

PAGE TOP