ボルボ中古車のコクスンTOP  > スタッフニュース

スタッフニュース

waku_top

2018.10.03

10月の営業日に関して

いつも当店ホームページをご覧頂き有難うございます。

さて誠に勝手ながら、10月15日(月)から16日(火)は社員研修の為、休業とさせて頂きます。

ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご了解の程宜しくお願い致します。

 

DSC_0124kai.jpg

waku_btm

waku_top

2018.09.27

ボルボ専門の自動車整備士・サービスフロントを募集しています。

コクスン土浦店では現在4名の整備士が勤務していますが、土浦店オープンから2年が経過し、メンテナンス・車検でのご入庫が非常に増えています。

元ボルボ正規ディーラー整備士が工場長を務めており、他にもボルボディーラー整備士が会社全体で合計4名勤務しています。

今回、土浦店の整備供給力を向上させ、サービス品質のより一層の向上を進めていきます。

欠員補充ではありませんので、じっくりと時間をかけて求人募集をしていきたいと思っており、整備士としての技術力はもとより、素晴らしい人格を持たれた方を募集しています。

当社コクスンでは一般の採用広告だけでなく、既存社員からの紹介、納入業者様からの紹介などが多く、今回も多方面から募集を募っています。

ボルボ専門店として、規模の拡大や大量販売を闇雲に追うつもりはありません。

一台一台を全社員が丁寧に取り扱える体制を今後より一層強化していく為の自動車整備士ならびにサービスフロントの募集になります。

もしご興味ある方がおられましたら是非お気軽にご連絡下さい。

【Indeed求人情報】

自動車整備士

サービスフロント

waku_btm

waku_top

2018.07.26

北欧スウェーデンから学ぶサステナビリティへの取り組み。

昨晩は横浜のTINYS YOKOHAMAで開かれました講演会イベント

「北欧スウェーデンが目指す持続可能なライフスタイル」 に参加してきました。

 

ボルボのスペシャルショップを経営し、個人的にもボルボを所有していますが

北欧スウェーデンのライフスタイルや考え方に大変興味を持っています。

 

欧州を中心に世界的な運動となっています

”サステナビリティ”=持続可能な社会の実現

への考え方を学び、自らの判断の基軸にする事はこれからの人類にとって

大変大事な事だと思います。

 

サステナビリティの度合いを示すSDGs国際ランキングで

スウェーデンは三年連続世界一になりました。(日本は昨年11位、今年15位)

 

今回の講演会「北欧スウェーデンが目指す持続可能なライフスタイル」では

元環境団体のリーダー、環境ジャーナリストを経て、現在ではサステナビリティの導入支援を中心に行う企業経営をしていますスウェーデン人のペオ・エクベリさんと、ペオさんの奥様で同じくサステナビリティ支援の企業経営を行う聡子・エクベリさんの基調講演でした。

 

ふとしたきっかけで今回の講演会を知り

横浜まで行ってきました。

 

IMG_1234.jpg

 

スウェーデンでは国民一人ひとりが環境に対する意識が非常に高い事にまず驚きました。

今から30年以上も前に国王のメッセージとともに全世帯に向けた環境保護を訴える冊子が配られたそうです。

 

スウェーデンも今の日本や中国同様に

1960年代頃には高度成長期とともに大気汚染や環境破壊を起こし続けていた産業重視国だったようですが

このままでは永続的な地球環境の維持は難しい事に科学者や生物学者を中心に気づき始め、国を挙げて環境保護対策に動き出しました。

 

彼らは自然環境や人間の負担を犠牲にしてでの、経済発展をまったく良しとしません。

 

経済(Profit) 環境(Plants) 人間(People) の3つのPが循環し続ける社会を

国連がサステナビリティ、持続可能な社会と定義しています。

 

経済を発展させていく中で、環境や人間を犠牲にせず、乗り越えていくのは容易な事ではないはずです。

それをスウェーデン人は「難しいから無理だ」とは考えず

「難しいけれど、解決できるはずだから、皆でアイディアを出し合って、まずはやってみよう」 と行動に起こしました。

 

エクベリさんが仰るにはスウェーデン人の国民気質には

「 まずやってみる 」 ことと 「 我慢をしない 」 事があると言います。

スウェーデンでは今から30年程前から尊敬語の廃止が進み、とてもフランクな言葉遣いで

会社の中でもコミュニティでも会話をするようです。

そんなフラットな組織風土の中で、イノベーションの為のディスカッションを常日頃から行い

「 なぜ? 」を繰り返し問い続け、お互いのアイディア発展に対して尊重し、イノベーティブな活動を生み出し続けているようです。

 

スウェーデンは人口1000万人程の小国ではありますが

ボルボ、IKEA、エリクソン、H&M、Spotfy など世界的な企業を数多く輩出しています。

その根底には彼らのフラットな組織風土、イノベーションを生み出すディスカッション文化、まずはやってみようという気概があると感じます。

 

サステナビリティを実現させる為には、現代の社会では大変むずかしい事だと感じます。

特にここ日本において、毎日大量に廃棄されるゴミの問題や、原発問題、排気ガスや製造過程から生み出される有毒物質等、様々な環境問題がすでに山積みです。

 

さらには、日本人がサステナビリティ、環境問題への意識に対して

スウェーデン人に比べ、遥かに低いと思います。

それは私自身もそうです。

 

ただ、そこにこそ、サステナビリティに取り組む為のヒントがあると思います。

私達日本人も、いや私自身、私が経営する会社から

まずサステナビリティへの意識を高めていき、私達の手の届く範囲でやれる事は何があるかを

皆でシェアをしながら考えていく。事が解決への糸口なのではないでしょうか。

 

エネルギーとCO2の排出には2種類があるとエクベリさんは言いました。

それは、太古の時代から全ての生き物が活用してきた地上での活動から生まれるエネルギーとCO2。

そして、ここ150年程前から始まった人類による、石油や鉱物等の地下資源から生まれるエネルギーとCO2。

 

エクベリさんはエネルギーを使ってはいけないのではなく、使うべきだと言います。

ただし、それが地上から生み出されたのか、あるいは地下から生み出されたエネルギーなのかを区別する事が大事だと言います。

 

地下から生み出されるエネルギー、

石油、石炭、ウラン、レアメタル等は一度地上に出てしまったら自然環境の中では容易に循環されません。

今、急速に問題視されているプラスチック問題がまさにそうです。

地下から生み出されるエネルギーから排出されるCO2は、もともと地球の地上にあったCO2ではありません。

大気に包まれた地球の地上で生まれる全てのエネルギー活動から輩出されるCO2は、全て総量は変りません。

また本来は全て循環可能です。

しかしながら、地下から人類が強引に持ってきた地下資源から出たCO2は、本来の地球の地上にあるCO2量を明らかにオーバーしてしまいます。

であれば地上で生み出されるエネルギーを私達は使っていくべきです。

それは風力発電や食物等の廃棄物から作られるバイオマス発電等が良い例です。

 

こういった事実をスウェーデンでは全国民が学校や企業でサステナビリティ課題として教育されているそうです。

 

私自身、会社経営者としてまずは自分の会社からやれる事があると思います。

そのヒントが昨日の講演会で沢山頂く事が出来ました。

 

日本がもっともっと幸せになり、経済の発展とサステナビリティを同時に実現する国になる為に

あるいは、私達個人のもっと身近な環境下で、幸せを感じながら、仕事を充実し、環境保護もできるライフスタイルを実現させられる。そんなビジョンの先人として、スウェーデンから学ぶ事がとても多いと思います。

 

益々スウェーデンに興味を持ちました。

ボルボの販売と整備を通じてスウェーデンを知り、そしてこれからもっと深くスウェーデンを知る事が出来ればと思います。

waku_btm

waku_top

2018.07.14

夏季お盆期間中の営業に関して

日頃よりコクスンをご利用頂き誠に有難うございます。

当店では夏季ならびにお盆期間中に関しても

通常通りの営業をしております。

 

火曜日定休日となっておりますが

その他の7月から8月は全て通常営業をしておりますので

整備のご入庫も通常通り行えます。

 

社員はシフト制にて6日間の夏季休暇を7月から9月をかけて

通常の休暇とは別に頂いておりますので、一部担当者不在のときがあるかと思いますが

何卒ご了承の程を宜しくお願い致します。

 

gatag-00005636.jpg

waku_btm

waku_top

2018.04.28

ゴールデンウィーク期間中の営業に関して。

いつもはコクスンをご利用頂き誠に有難うございます。

ゴールデンウィーク期間中の営業に関して以下に記載をさせて頂きます。

 

■コクスン北名古屋店・土浦店

期間中は火曜日以外 通常営業しております。

ただし5月2日(水)から4日(金)の三日間のみ、整備のクイック作業(オイル交換や故障診断)等が出来ません。

 

■部品事業部

5月3日(木)から6日(日)をゴールデンウィーク休業としております。

ネットサイトからのパーツのご注文に関してご返答が7日(月)以降となります事ご了承下さい。

 

お客様にはご迷惑をお掛けしますがどうぞ宜しくお願い致します。

 

DSC_3167 (2).JPG

waku_btm

waku_top

2018.02.15

新型ボルボV60が2月21日にワールドプレミアされます。

新型ボルボV60が2月21日にワールドプレミアされるとの事です。

ボルボ公式ツイッターにて発表されています。

NewXC60のデザインポリシーそのままに、よりスタイリッシュになる新型V60に期待大です。

 

newv601.jpg

newv602.jpg

newv604.jpg

newv603.jpg

waku_btm

waku_top

2018.02.02

ボルボ車の自動車整備士を募集しています。

本日2月2日よりコクスン北名古屋店、土浦店それぞれにて自動車整備士を1名募集させて頂く事になりました。

ボルボ専門整備工場として質の高い仕事をして頂ける整備士を募集しています。昔からボルボに憧れていた方、輸入車の整備には自信がある方、国産車も含めディーラーでの整備経験がある方は待遇面でも優遇しています。整備センスの良い方であれば未経験者でもご応募可能です。

北名古屋店は認証整備工場(今年秋頃に新築で整備工場を建設し移転予定。その後、指定整備工場取得を目指します)、土浦店は指定整備工場となります。両工場ともボルボ正規ディーラーで20年以上の経験がある整備士が工場長をしていますので技術をしっかりと学ぶことが出来ます。

https://tenshoku.mynavi.jp/jobinfo-156411-3-5-1/

 

6D4A9612.jpg

waku_btm

waku_top

2018.01.26

2020年モデルの新型ボルボV60情報

スウェーデン北部にて、2020年に発売されると噂されている

ボルボの新型V60の走行写真がスパイショットされました。

Volvo-V60-001-1024x683.jpg

Volvo-V60-004-1024x683.jpg

Volvo-V60-010-1024x683.jpg

Volvo-V60-014-1024x683.jpg

 

プラットフォームはXC90、V90、XC60同様のSPA(スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャ)を使用しています。

画像を確認する限り、ヘッドライトは新型XC60同様にトールハンマー型ヘッドライトの中央先端がフロントグリルに向けて少し枠を飛び出したデザインになっていますね。

 

若干見えるフロントグリルはV90同様に、センター部分が窪み立体的な構造となっており、より一層の高級感が出ている印象です。

 

注目すべきは左フロントフェンダーに備え付けられた、おそらく電気充電の為の蓋です。

ボルボは2019年以降の全車両を電動化させると公言しています。これは電気自動車(EV)だけではなく、プラグインハイブリッド、マイルドハイブリッドを含めていますので、ガソリン燃料車と電気を組合せた商品ラインナップです。こちらのスパイショットではボルボ社員と思われる人物がガソリンスタンドで給油をしているシーンもあり、プラグインハイブリッドあるいはマイルドハイブリッドのテスト車両であると思われます。

 

昔からボルボのアイデンティティを表しているリアテールランプは中央から左右にシェイプしたキープコンセプトなデザインながら、中央部分のライト形状が上下分離しており、より特徴的なデザインとなるはずです。

 

ボルボのメインゾーンとなるV60シリーズは中間所得層を狙った、ボルボにとって一番のセールスカーになるはずですから、そのデザインの高級感、洗練さ、そして電動化を含めた先進性に注目を集めていくはずです。スパイショットを見る限り、大変期待のできる一台になりそうですね。

waku_btm

waku_top

2018.01.03

新年明けましておめでとう御座います。

新年明けましておめでとう御座います。

2018年の年頭にあたり、謹んで新年のご挨拶を申し上げます。 .

昨年はレイブリックのグループ化という、大きな飛躍をした出来事がありました。

今年は今一度、地に足の着いた経営を意識し、経営の盤石な基盤を構築する一年にしたいと思います。

 

そして、新年の抱負を単語で掲げると

『前進』 という言葉が浮かびました。

 

社員の幸せを一歩前進させる。

お客様の幸せを一歩前進させる。

一歩と言わず二歩三歩と前進させていきます。

 

昨年よりも今年は、一歩でも前進し

昨年よりも幸せになった。と実感できるように

経営を前に進めていきます。

立ち止まり続けてその場で変化を恐れて変わらない事は

”衰退”を意味します。

去年と一緒を続けていては、やがて組織風土が停滞し、競合他社に負け、時代の波に押し潰されてしまう事は火を見るより明らかです。

私達が前進を選ぶ事によって

社員、お客様、皆さんの家族の将来に渡って幸せが可能になります。だからこそ、改善や、新しい試みに挑戦していく必要があります。

 

全ては

社員の幸せの前進のため。

お客様の幸せの前進のため。

昨年よりも今年は幸せが増えたと感じてもらえるように、一年間全力で経営をしていきたいと思っております。

本年も一年間どうぞ宜しくお願い致します。

 

コクスン株式会社

代表取締役 平野真矢

 

6D4A9646.jpg

waku_btm

waku_top

2017.12.11

年末年始の営業のお知らせ

いつも当店ホームページをご覧頂き誠に有難うございます。

ならびに当店顧客様には大変お世話になっております。

今年は11月の終わり頃より真冬のような寒さを感じる日も増え、例年以上に寒波が訪れるような気がします。

ボルボをお乗りのオーナー様は、スタッドレスタイヤのご準備をされる事をお薦め致します。

 

さて、当店コクスンの北名古屋店、土浦店、あわせて本社管理部、部品通販事業部の

年末年始の休業期間についてお知らせ致します。

 

年末の最終営業日 12月25日(月)18時まで

年始の営業開始日 1月4日(木)10時オープン

 

年末年始の弊社休業時間 12月26日から1月3日 この期間中は電話対応ならびにメール返信が出来ません事をご了承下さい。

上記休業期間中にお問合せ頂きました内容については(メール等)、1月4日以降、随時ご返信をしていきます。

休業期間中はお客様には大変ご不便をお掛け致しますが、どうぞ宜しくお願い致します。

 

IMG_0527.jpg

waku_btm

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
PageTop
Copyright©2016 COCSUN Co.,Ltd