ボルボ中古車のコクスンTOP  > スタッフニュース

スタッフニュース

waku_top

2017.08.12

サンクスアンドトラスト山本さんご来店

先日、当社と長くお付き合いのある、滋賀県のボルボ専門店

サンクスアンドトラストの代表、山本さんが当社土浦店にご来店されました。

 

20785876_161863937703043_8572351656279579764_o.jpg

※写真右が山本さん、左は弊社営業の塚本

 

 

サンクスアンドトラスト山本さんは関西のボルボ正規ディーラーや専門店で

長年整備士を努められた後、7年程前に独立開業されました。

 

当社コクスンとは代表の平野と独立前よりお付き合いをさせて頂いており、

修理顧客のご紹介対応や、中古車の提供等をさせて頂いています。

 

ボルボの整備技術には大変評判の高いサンクスアンドトラストさん。

滋賀県のボルボユーザー様には自信を持ってお薦めするボルボ専門店です。

 

http://thanks-trust.com/

waku_btm

waku_top

2017.08.09

お盆期間中の営業について

コクスン全店舗のお盆期間中の営業に関してお知らせ致します。

お盆期間中、コクスン北名古屋店、土浦店ともに

火曜日の定休日以外は営業をしております。

お車のご購入相談、修理相談、ご納車、買取相談の対応が通常通り可能となっております。

 

ただ14日から16日の3日間は

整備工場の稼働をストップ致しますので、クリック修理のご対応が出来ませんのでご了承下さい。

車検ならびに修理の入庫、ご相談、事前打ち合わせでのご納車は可能になります。

waku_btm

waku_top

2017.08.03

大型ホイール、コンビ本革など特別装備が魅力のボルボXC60。

Rデザインというスポーツテイストな内外装パーツを揃えた特別なボルボ、

XC60 T5 Rデザインが北名古屋店に入庫し、昨日ネットアップを行いました。

新世代ボルボの人気を牽引しているXC60は、全世界で一番売れているモデルになります。

 

CH3036P02-thumb-780x435-38064.jpg

 

外装色は定番であり人気の高いブラックサファイヤメタリック。

ベタの黒=ブラックに対して、パーツ塗装が入ったボディカラーになります。

 

大型アルミホイール、バンパー各部メッシュ周りに装着されたメッキパーツ、

フロントグリルのRデザインエンブレム、シルクメタル素材のドアミラーカバーといった

Rデザイン専用パーツが装着されています。

スポーティで格好良いエクステリアデザインですね。

 

 

CH3036P05-thumb-780x435-38067.jpg

 

衝突防止自動ブレーキ機構などの安全装置をパッケージした

セーフティパッケージを装備。

 

CH3036P08-thumb-780x435-38070.jpg

 

曲線的なテールレンズが特徴的なリアビュー。

ボルボはリアから見たスタイリング、テールライトデザインが美しいですね。

さらにRデザイン専用装備としてサイドとリアにシルバーのプレートを装着しています。

 

CH3036P11-thumb-780x435-38073.jpg

 

CH3036P12-thumb-780x435-38074.jpg

 

室内は喫煙臭、コロン臭、動物毛も無く、清潔感のある状態です。

平成24年中盤以降のモデルから、イルミネーテッドシフトノブとオートライトを装備しています。

 

CH3036P32-thumb-780x435-38093.jpg

 

グリップ部分が盛り上がったスポーツステアリングに、シルバーメタルが組み合わされ

中央下部にはRデザインのエンブレムが刻印されています。

ステアリングホイールでは左右のスイッチでクルーズコントロールとオーディオ操作が可能です。

 

CH3036P15-thumb-780x435-38077.jpg

 

Rデザイン専用のホワイト&ブラックのコンビ型の本革シートがとてもお洒落です。

 

CH3036P40-thumb-780x435-38102.jpg

 

上記で紹介させて頂きましたボルボXC60 T5 Rデザインの詳細はこちらをご確認下さい。

その他、ボルボXC60中古車の情報はこちらをクリック下さい。

waku_btm

waku_top

2017.08.02

爽快なエンジン音が魅力的なV40 T5 Rデザイン。

NEWボルボV40の特別仕様車T5 Rデザインが入庫しました。

新世代エンジンのT5は、2リッター直列5気筒ターボエンジン。

エンジン始動時の甲高い爽快な音が特徴で、車を動かす際のワクワク感があるモデルです。

 

CH3095P02-thumb-780x435-38103.jpg

 

初年度登録から4年落ちの平成25年式、

走行距離は17,500㎞と少なく、内外装とても綺麗な一台です。

喫煙歴やペット臭もありません。

新車価格は車両本体価格で399万円しており、総額で400万円台半ばの

プレミアムコンパクトカーです。

 

CH3095P29-thumb-780x435-38130.jpg

 

専用装備が多数あり、スポーティかつ豪華な装備となっています。

 

【専用装備の一覧】

・フロントバンパー

・アルミホイール

・リアルーフスポイラー

・シルクメタルドアミラーカバー

・ブラックピアノ調フロントグリル

・エンブレム刻印入りスポーツ本革シート

・スポーツステアリングホイール

・液晶デジタルメーターパネル

・ストライプ入りセンターパネル

 

CH3095P05-thumb-780x435-38106.jpg

 

CH3095P08-thumb-780x435-38109.jpg

 

CH3095P10-thumb-780x435-38111.jpg

 

CH3095P11-thumb-780x435-38112.jpg

 

CH3095P16-thumb-780x435-38117.jpg

 

CH3095P12-thumb-780x435-38113.jpg

 

CH3095P15-thumb-780x435-38116.jpg

 

CH3095P33-thumb-780x435-38134.jpg

 

CH3095P37-thumb-780x435-38138.jpg

 

ご紹介させて頂きましたボルボV40 T5 Rデザインの詳細はこちらをご確認下さい。

その他ボルボV40の中古車情報はこちらをクリック下さい。

waku_btm

waku_top

2017.07.28

洗練さが増したフロントフェイス・後期型ボルボV60。

昨日、当店ホームページならびに各広告媒体にネットアップしました、

こちらのボルボV60。

2013年(平成25年)8月以降に発売をされました、マイナーチェンジ後のモデルになります。

 

CH3078P02-thumb-780x435-37622.jpg

 

デビュー当時の初期型V60は、ヘッドライトが、ローハイビーム部分と

ポジションライト部分が二つに分かれたデザインとなっておりましたが、

マイナーチェンジにより、ヘッドライトが新デザインとなり、ポジション部分も

統合された横長のライトとなりました。

 

CH3078P05-thumb-780x435-37625.jpg

 

その他にもフロントフェイスのマイナーチェンジとして

よりワイドに広がったフロントグリル、ダクト部分が際立つ新デザインのフロントバンパー

それぞれのモデルグレード、オプション設定で用意されますアルミホイールデザイン等

より洗練されたデザインへと変更がされています。

 

CH3078P08-thumb-780x435-37628.jpg

 

リアクォーターのショルダー部分が盛り上がった特徴的なサイドシェイプが

魅力的なスポーツワゴン・V60。

ボルボはリアテールレンズのデザイン形状がお洒落で、夜間に光るテールライトが

ひと目でボルボと分かる、アイデンティティの強いブランドです。

 

CH3078P29-thumb-780x435-37649.jpg

 

フロント部分に備え付けられたセンサーにより

衝突防止自動ブレーキ機構や、前方車のスピードに合わせた運行が可能な

アダプティブクルーズコントロール機構を働かせています。

 

CH3078P11-thumb-780x435-37631.jpg

 

内装は落ち着いた印象のオフブラックシートを採用。

ステアリングホイール左右にはクルーズコントロールとオーディオの操作スイッチが付いています。

 

CH3078P18-thumb-780x435-37638.jpg

 

純正ナビゲーションシステムを装備。

 

CH3078P35-thumb-780x435-37655.jpg

 

トランクルームも余裕のある広さです。

 

こちらのボルボV60は、

2014年式、走行距離39,800㎞、車両本体価格197.7万円となります。

 

上記車両の詳細はこちらをご確認下さい。

その他ボルボV60の中古車情報はこちらをクリック下さい。

waku_btm

waku_top

2017.07.27

アイボリーというオリジナルカラーのヴィンテージボルボ。

オリジナルカラー(原色)ではとても珍しいボディカラー「アイボリー」の

ボルボ240ワゴンが入庫しました。

240は角ばった形状やメッキトリム、大型のヘッドライト、とても長いノーズと

現在の新型車では考えられないボディスタイルを持ち、

そのヴィンテージ感満載のフォルムに今もなお根強い人気がある往年の名車です。

 

こちらの240ワゴンは走行距離が102,900㎞と

平成2年式という経年数に比べて走行距離が大変少ない希少な一台です。

 

CH3074P02-thumb-780x435-37507.jpg

 

平成2年モデルは、リアのトランクガラスが大型化され、

通称「ビッグウィンドウ」と呼ばれています。

同時にエアコンシステムがそれ以前は旧型のR32というエアコンガスを

使用しておりましたが、ビッグウィンドウタイプになった後期モデルからは

新型ガスのR134aを使用。

一本あたりの価格が高額なR32に比べ、割安な134aになった事もさることながら

エアコンシステムの故障確率が大幅に低減されました。

 

CH3074P05-thumb-780x435-37509.jpg

 

CH3074P10-thumb-780x435-37514.jpg

 

CH3074P07-thumb-780x435-37511.jpg

 

とても長いノーズとテール。

他車には無いこの独特なロングボディが240ワゴンの特徴であり、魅力ですね。

 

CH3074P04-thumb-780x435-37508.jpg

 

CH3074P09-thumb-780x435-37513.jpg

 

CH3074P12-thumb-780x435-37515.jpg

 

CH3074P13-thumb-780x435-37517.jpg

 

CH3074P14-thumb-780x435-37518.jpg

 

CH3074P19-thumb-780x435-37522.jpg

 

上記でご紹介させて頂きましたボルボ240ワゴンの詳細はこちらを御覧ください。

その他、ボルボ240ワゴン中古車の情報一覧はこちらを御覧ください。

 

waku_btm

waku_top

2017.07.26

カクカクの哀愁漂うヴィンテージ感満載のボルボ940ワゴン。

角ばったボディで、古き良き時代の「ザ・自動車」を象徴するような車、

ボルボ940ワゴン。

日本国内では1997年中頃まで正規販売され、生産終了から20年以上が経過する車となりました。

1996年と97年のモデルには、各種の装備品が標準設定されましたお得なグレード、

「クラシック」を用意し、モデル末期の各種機関系が改良を重ね、成熟された

安心できるグレードとして人気がありました。

 

CH3000P05-thumb-780x435-37305.jpg

 

今回入庫、ご紹介しますボルボ940クラシックワゴンは

走行距離が11万キロと低走行ではありません。

しかしながら、初年度登録からちょうど今年で20年が経過した車と考えると

年間走行距離が平均して5,000㎞程度と、そう多くは無い距離を走られてきた車両だと分かります。

 

いわゆる古い車を仕入れて販売する際に、走行距離で気を付ける事は

15万キロ以上の多走行モデルを仕入れる事があまりありませんが

逆に初年度登録から20年程経過しているにも関わらず走行距離が5万キロ以下の車両。

使用されてきた年数に比べ走行距離が極端に少ないという事は、

上記でも記述、計算しましたように、平均的な年間走行距離が極端に少ないという事です。

その為、単純に走行距離が少ないというだけで、極上車と決める事は一概には出来ません。

実は、エンジンをまったく動かしていない車両で、中古車として20年程の機関中

多くの時間を、中古車販売店の展示場で眠るように放置されていた なんていう事もありえます。

 

私たち中古車のバイヤーとして、こういった過去の経歴を全て探り当てる事が大変難しいのですが

内外装の傷の状態、機関系の不具合が無いか、を出来る限りチェックし、

古い車ほど、走行距離だけで判断せずに仕入れを行うよう心がけています。

 

走行距離についての説明が大変長くなってしまったのですが

こちらの車両は11万キロと日本人が考える中古車購入の際の一つの”安全ボーダーライン”であります

10万キロを超えている車でも、状態の善し悪しをしっかりと見極めて仕入れる事により

逆に走行距離が5万キロ程度の車両と比べても遜色ない状態あるいは、場合によっては

より状態の良い車両を見つける事も可能になります。

 

CH3000P04-thumb-780x435-37304.jpg

 

CH3000P03-thumb-780x435-37303.jpg

 

CH3000P08-thumb-780x435-37308.jpg

 

CH3000P11-thumb-780x435-37311.jpg

 

CH3000P12-thumb-780x435-37312.jpg

 

CH3000P15-thumb-780x435-37315.jpg

 

CH3000P17-thumb-780x435-37317.jpg

 

CH3000P36-thumb-780x435-37336.jpg

 

CH3000P37-thumb-780x435-37337.jpg

 

CH3000P31-thumb-780x435-37331.jpg

 

CH3000P28-thumb-780x435-37328.jpg

 

CH3000P27-thumb-780x435-37327.jpg

 

 

今回ご紹介させて頂きましたボルボ940クラシックワゴンの詳細はこちらを御覧ください。

その他、ボルボ940中古車情報一覧はこちらを御覧ください。

 

waku_btm

waku_top

2017.07.25

ファイナルモデルのC70カブリオレT5を直接買取しました。

コクスン土浦店にて、ボルボユーザー様より直接買取をさせて頂きました車両が

本日ネットアップ掲載されました。

2013年式のC70 カブリオレ T5 になります。

C70カブリオレは2013年までの販売となっており、こちらの車両がファイナルモデルとなります。

 

CH3079P02-thumb-780x435-37223.jpg

 

大型化されたフロントグリルエンブレムが特徴的です。

また、ヘッドライトはアクティブベンディング機能付きバイキセノンヘッドライトとなり

フロントフォグライト、ウィンカー付きドアミラーカバー、18インチアルミホイール

を標準装備しています。

 

CH3079P06-thumb-780x435-37227.jpg

 

走行距離1万キロ代、取扱説明書、点検整備記録簿、新車時保証書、スペアキー完備と

好条件が揃っている一台で、内外装、機関系の調子も良好です。

 

CH3079Pbi-thumb-780x435-37262.jpg

 

エンジンは2.5リッター直列5気筒ターボエンジンを掲載。

トランスミッションは5速オートマが組み合わされます。

 

CH3079P11-thumb-780x435-37232.jpg

 

輸入車のオープン4シーターは珍しく、人とは違う個性的な一台をお探しの方に

オススメです。また北欧デザインに裏付けされた洗練されたデザインが大変お洒落です。

 

CH3079P08-thumb-780x435-37229.jpg

 

CH3079P12-thumb-780x435-37233.jpg

 

内装シートには特別なプレミアムソフトレザーを使用。

濃紫色のレザーにステッチが施された上質なシートとなっています。

 

ディーラーオプション装備として、カロッツエリア製HDDナビゲーションが

ダッシュボード上部にインストールされています。

 

CH3079P13-thumb-780x435-37234.jpg

 

CH3079P14-thumb-780x435-37235.jpg

 

リアシートも十分な広さがあり、大人も快適に搭乗可能です。

 

C70カブリオレは中古車市場の流通台数が大変少ないモデルになります。

こちらの車両のように、オーナー様より直接買取をし、

内外装、機関系の状態が良く、また記録簿等が完備された車両はほとんどありません。

 

個性的な輸入車オープンカーをお探しの方は是非お早めにご連絡下さい。

 

上記にてご紹介させて頂きましたボルボC70の詳細はこちらをクリック下さい。

その他、ボルボC70中古車情報はこちらを御覧ください。

waku_btm

waku_top

2017.07.22

国内限定30台の特別仕様車・ボルボXC90 V8 Rデザイン。

本日ホームページの新着在庫情報にネットアップさせて頂きました

ボルボXC90は、普通のグレードとは一味違う特別な一台です。

 

なんと2010年7月に、国内たったの30台限定で販売をされたモデル、

特別仕様車の 「 V8 R-DESIGN 」です。

 

CH3021P02-thumb-780x435-36957.jpg

 

エンジンは通常グレードの3.2リッター 直列6気筒エンジンに替わり

4.4リッター、V8エンジンを掲載。

トルクフルなエンジンにより、2トン超のボディもストレスなく加速させる事が可能です。

 

CH3021P05-thumb-780x435-36960.jpg

 

エクステリアでは、Rデザインのエンブレムが付いた格子型フロントラジエーターグリル、

18インチアルミホイール、フロント、リア、サイドのシルバー・スカッフプレート、

ラジエーター下のエアインテークダクトにはクローム処理がされ、

ヘッドライトはアクティブベンディング機能付きバイキセノンヘッドライトを装備。

また、メッキドアミラーカバー、シルバー・ルーフレールを装備し

重厚感のある印象を与えています。

 

CH3021P10-thumb-780x435-36965.jpg

 

2010年モデルから、リアの VOLVOエンブレムの備え付け位置が

それぞれのアルファベットを独立配置させるようになりました。

また、リアテールレンズも前期型モデルとは大きく異なっており

些細な質感の向上が全体の高級感を大幅に増すことに寄与しています。

 

CH3021P08-thumb-780x435-36963.jpg

 

CH3021P07-thumb-780x435-36962.jpg

 

CH3021P12-thumb-780x435-36967.jpg

 

インテリアは基本的にはXC90デビュー当時のデザインをキープしていますが

こちらもエクステリア同様、細かな仕様を変更させる事により

より完成度の高い、成熟した質感を実現しています。

 

ステアリングホイールには3本型スポークを採用し、

よりスタイリッシュになり、グリップ部分を盛り上がらせてスポーティな仕様に仕上がっています。

 

CH3021P33-thumb-780x435-36988.jpg

 

ステアリング左右のスイッチには、エアコン操作とクルーズコントロールの操作スイッチが

備え付けられています。

こちらのステアリングホイールはR-デザイン専用設計となっており

スポーティなモデルを表しています。

下部にはR-デザインのエンブレムが装着されています。

 

CH3021P17-thumb-780x435-36972.jpg

 

ナビゲーションはディーラー装着オプションを装備。

カロッツエリア製のHDDナビゲーションになります。

 

CH3021P13-thumb-780x435-36968.jpg

 

シートもRデザイン特別装備の

ホワイトカラーステッチ&ライン付き かつ特別な素材を使用しました

「プレミアムソフトレザー」をオプション装備しています。

 

CH3021P35-thumb-780x435-36990.jpg

 

3つのポジションを記憶する事ができるメモリー機能付きパワーシートを

左右のフロントシートに標準装備しています。

 

CH3021P34-thumb-780x435-36989.jpg

 

2010年モデルから、フロントフェンダー部分に装着されていたフェンダーミラーが廃止され

助手席インテリアトリムにカメラが内蔵され、サイドビューを望む事が出来るようになりました。

 

CH3021P15-thumb-780x435-36970.jpg

 

乗車定員は7人となっています。

3列目は2人掛けとなっておりますが、大人が乗るには少し狭いかもしれません。

小学生くらいのお子様が乗られるのに最適な広さとなっています。

こちらの3列シートは格納させる事が可能で、ラゲッジスペースを広く使いたい

日常使いには、フルフラットにしておく事ができます。

 

CH3021P36-thumb-780x435-36991.jpg

 

ラゲッジスペースは、3列目シートを起こしている状態で

上記写真ほどの広さになります。

ゴルフバック1つ、2つ程は入る大きさです。

チャイルドシートは横向きにする等して、なんとか入る程の大きさです。

 

CH3021P37-thumb-780x435-36992.jpg

 

3列目を倒すと大きなラゲッジスペースが確保でき、

また上記写真のように2列目もフルフラットにしますと

大人が横になって寝ることが出来るほどの、スペースを確保できます。

 

CH3021P28-thumb-780x435-36983.jpg

 

格子状フロントラジエーターグリルには、Rデザインのエンブレムが装着されています。

2010年モデルあたりから、ボルボ各モデルのVOLVOグリルエンブレムが大型化されました。

 

 

CH3021P40-thumb-780x435-36995.jpg

 

こちらで紹介させて頂きましたボルボXC90 V8 Rデザインの詳細はこちらをクリック下さい。

その他、ボルボXC90中古車の情報一覧はこちらを御覧ください。

waku_btm

waku_top

2017.07.21

盛り上がったショルダーラインが特徴歴なクーペ型セダン、ボルボS60。

平成23年にビッグマイナーチェンジがされましたNEWボルボS60。

新世代ボルボの象徴としてデビューしましたS60は、今迄のボルボのイメージを良い意味で覆す

とても洗練され、スタイリッシュなプロポーションを手に入れました。

走りの面でも、それまでのゆったりとした乗り心地から、キビキビと走り込める

若々しいイメージを印象づけるエンジン・ミッション構成になりました。

 

先週に入庫し展示販売を始めましたこちらのS60は

初期モデルのドライブeになり、安全装備が充実したセーフティパッケージを掲載しています。

 

CH3070P02-thumb-780x435-36625.jpg

 

リアクォーター部分のショルダーラインがぐっと盛り上がっているのが特徴的で

ライオンやチーターといった動物的な要素を感じさせています。

きびきびと走りも楽しめる新型S60だからこその象徴的なデザイン要素ですね。

 

CH3070P08-thumb-780x435-36627.jpg

 

フロントグリル内の左側に備え付けられたお弁当箱のようなボックスは

前方障害物を検知するためのセンサーとなっており、ボルボが世界で初めて

市販車に装備をしました衝突防止自動ブレーキの主要装置です。

このグリル部のセンサーが付いている車両がセーフティパッケージ掲載車なのですが

平成25年後期モデル以前は、セーフティパッケージがオプション装備だった為

自動ブレーキ機能が掲載されていない車両もあるので、ご購入検討時は注意が必要です。

 

CH3070P04-thumb-780x435-36637.jpg

 

先代S60から、ボルボのミッドタイプセダンの伝統として

クーペスタイルのセダンとなっており、リアシートが若干狭く設計されています。

 

CH3070P11-thumb-780x435-36648.jpg

 

北欧スカンジビアンデザインを取り入れたインテリアデザイン。

このS60から始まった現在のボルボを象徴とするデザインの

フリーフローティング・センタースタック。

ステアリングホイールにはオーディオコントロールスイッチとともに

クルーズコントロールの操作ボタンも備え付けられています。

 

CH3070P12-thumb-780x435-36649.jpg

 

グリップ部分が盛り上がっているスポーティ仕様なステアリングホイール。

 

CH3070P33-thumb-780x435-36670.jpg

 

純正のHDDナビゲーション、地上デジタルTV、ETCを標準装備しています。

 

CH3070P18-thumb-780x435-36655.jpg

 

落ち着いた印象を与えるオフブラックの内装に、

シックなシルバーメタリックのボディカラーの組合せ。

内外装とても綺麗な一台です。

 

CH3070P36-thumb-780x435-36673.jpg

 

CH3070P32-thumb-780x435-36669.jpg

 

トランクスペースはさすがはボルボという、広々とした容量を確保しています。

さらにはリアシートを倒す事ができ、トランクスペースの大幅な拡張が可能です。

 

CH3070P38-thumb-780x435-36675.jpg

 

ご紹介致しました上記のボルボS60情報はこちらをクリック下さい。

その他、ボルボS60の中古車情報一覧はこちらを御覧ください。

waku_btm

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
PageTop
Copyright©2016 COCSUN Co.,Ltd